JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私は、ニュージーランドに来て11年になります。 7年前、親しくしていた友達から緊急に200万円貸して貰えないか?と言

解決済みの質問:

私は、ニュージーランドに来て11年になります。 7年前、親しくしていた友達から緊急に200万円貸して貰えないか?と言う相談が有り、信用して貸しました。
返済は翌月から10万円づつ、20ヶ月で返済すると約束しました。
翌月、理由を付けて5万円の返済は有りましたが、以後何度メール しても電話しても通じなくなりました。    住所、働いている場所は判っていますが、何せ遠距離である事、信用してた事から、メールのやり取りは全部有るのですが、契約書は結んでいません。   又、銀行の送金のCopyは残っていると思います。
法律的に如何に対処して良いか判りません。 このたび3月15日から5月末まで一時帰国します。   実家は東京新宿に有り、相手は九州福岡です。
何処を訪ねどのように対処したら良いか教えて頂けませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

簡単なのは、弁護士に依頼することです。

電話やメールで催促することはよくありがちなのですが、
支払が滞った後に電話やメールでの催促で解決したという話はほとんど聞きません。
すでに次の段階に進むべきところにきていると思います。

メールや振り込み記録はあるということなので、
契約書がなくても戦える状況であると思います。

どうしてもご自身で対応したいのであれば、まずは文書を送付して催促することです。
電話やメールだと日常的すぎて、プレッシャーがかからないのです。
それよりは、「督促状」とでもタイトルをつけて送った方がプレッシャーがかかります。

しかし、日本に一時的にしかいられないのであれば、やはり代理人に動いてもらった方がスムーズであり、そういう意味でも弁護士に依頼することをおすすめします。
予約を入れて法律事務所を訪問するだけです。
一般的な貸し金問題なので、どの弁護士でも扱えるはずです。
話して相性がいいと感じる人、料金説明が明快な人がいいです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問