JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

実両親の家をリフォームして(資金はこちら負担)同居することを決めました。実両親の家は、築30年以上建っており、雨

質問者の質問

実両親の家をリフォームして(資金はこちら負担)同居することを決めました。 実両親の家は、築30年以上建っており、雨漏りお風呂の浸水等で このままでは、住めません。 私には、姉と弟がおり、姉は義父と同居していて車で2時間以上かかるところに 住んでいます。弟は、配偶者の親の家業を継いで家業の近隣で自宅持ちです。 私は、20年以上実家の近隣での賃貸住宅です。 私が、親の面倒を看るのが一番ベストで両親 も望んでいます。 同居の事を承諾をしてくれたのですが、急にダメだと言い出しました。 どうやら土地の値段を調べて同居すると相続分が減ると考えたようです。 兄弟でリフォーム代金を出し合って、両親だけで住むことを姉は 希望していますが、何かあった時は、私が駆けつけることになります。 実際、この数年父が何度か救急車で搬送されています。 父は、障害者手帳保持者です。 何かあって駆けつけるのが私なので、同居を望んでいるのですが 姉弟は、許可してくれません。 近々、会って話し合うのですが、どうしたらよいでしょう。 よろしくお願いいたします。


 


ちなみに弟うは、婿養子に行ったため姓も配偶者の姓になりました。


その時も実母は、かなり泣きました。障害者になった実父の面倒を


看て同居して欲しかった希望は、叶いませんでした。


私は、その後金銭的、精神的体力的にも 両親を支えてきたつもりです。


両親もそのように言っています。


姉は、「私は、毎日電話をして両親の安否を確認している」


弟は、「平日、昼飯を食べに行き両親を安心させている」


2人とも毎日行っているようなことをいいますが


 


姉は、自分の家庭ほ不満を言う電話と子供達が不登校に


なり両親は、心配で電話をかけている。


 


弟は、外回り(公共事業の仕事)なので実家近くに


たびたび来ることがあるのでランチ代金の浮かせて


昼寝までしていきます。


両親は、弟が来るので弟の食事の用意(特別に)を


して待っています。


 


2人とも親への仕送りは、一切しておりません。


 

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

遺留分という言葉をご存じということは法律に詳しいもしくは法律に詳しい方が身近にいらしゃるのでしょうね。

心強いですね。

 

 

まず、同居=相続分が減るというわけではけっしてありません。

おそらく寄与分ということを念頭におかれているのでしょうが、それは、同居してもしなくてもかわりません。

つまり、あなたが、お父様のために努力して尽くした分が寄与なのであって、それは、同居してもしなくても、尽くした分こそが寄与なのです。

ですから、まずは、話合いの際に、そのことを説明されるのがよいかと思いますよ。

 

その上で、そうなりますと、おそらくあなたのご兄弟は、お父様の死亡後に寄与分を主張しません、といった一筆をかけとあなたに言うかもしれませんが、それは、書けませんとはっきり断ってくださいね。

 

ただ、別に、兄弟姉妹の同意がなくては同居できないわけではありませんので、お父様とお母様が希望されるのであれば、お父様とお母様から、「私たちが○○に同居してほしいと頼みました」といった内容の一筆をもらって、勝手に同居しても特に法律上は問題ありません。

お父様とお母様はあなたが同居されることを望んでいるのですから、そのようにするのが、兄弟姉妹の方にとっても親孝行のはずなのですが…

 

 

ところで、遺言書をすでに作成されているようですが、

単なる自筆証書(つまり、ご自宅で遺言書を作成し、署名と日付を記載したもの)でも効果はもちろんありますが、

できれば、最寄の公証人役場にて公正証書の形式で遺言書をつくられたほうがいいかと思いますよ。

 

これは、あなたとお父様とお母様の三人で相談されればよいと思います。

 

なお、蛇足ですが、あえて遺留分に該当する金銭をお父様から弟さんに渡すという内容にしなくともかまいません。

遺留分は、遺言であっても侵害できませんので、遺言がどのような内容であっても遺留分をもらえる人が遺留分を請求すれば遺留分をもらえるということにかわりはないからです。

 

遺言の内容は、もちろんお父様に決めていただき、

お父様が公証人役場にて公証人に伝えれば、

あとは公証人が法律の形式的に問題のない公正証書を作成してくれます。

 

公証人のところに行くまえに、

財産関係を把握(預金口座はいくつあるのかとか不動産の登記簿謄本等で地番をチェックしておく等です)しておく必要はありますので、その点はご注意くださいね。

 

なお、公証人に払う手数料は、財産の状況によって異なりますので、財産関係を調べてから、公証人役場に電話してみないと、正確にはわかりませんので、この点もご注意ください。

 

念のため、公証人役場の所在を調べることのできるホームページをのせておきます。

http://www.koshonin.gr.jp/sho.html

 

その他の詳しいこと(予約等)は、公証人役場に電話して、確認してくださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


的確なアドバイスありがとうございます。


 


実家の土地が弟は 5千万ぐらいすると友人の不動産やから


聞いたのです。


 


私が路線価を調べて登記簿の表記平米から計算したら


2千万ぐらいでした。


相続路線価というのが別にあると聞いたのですが


もし、父がなくなった時は、この価格で計算されるのですよね。


例えば、2千万円の土地で姉、弟の遺留分は


いくらになるのでしょうか?


 


今回のリフォームで私たち夫婦が支払う見積もり金額は


2千500万円以上です。


 


姉、弟夫婦が両親の面倒を見てくれるのであれば


私は、遺留分を含め両親の遺産は、一切いりません。


 


私は、父名義の土地なので両親を含んだ話し合いを


希望しておりますが、姉は、両親不在で話をしたいと


言います。この意図は、なんでしょう?


 


このような場合は、円満解決は、可能でしょうか?

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

相続税の計算の場合には、路線価を使いますよ。

 

弟さんは、不動産屋からきいていますので、路線価より1.5倍ぐらいになってもおかしくはありませんが、正直差がありすぎるので、弟さんが不動産屋に聞かれるときに、不正確な情報をつたえたかもしれませんね。

路線価と違って、土地の時価というのは、まわりに何があるのかによっても変化しますから。

 

 

遺留分は、今回のケースですと、法定相続分の2分の1だと計算してください。

つまり、お父様がなくなられた場合、お母様と、兄弟姉妹の3人で相続する場合には、

法定相続分は、お母様が2分の1、兄弟姉妹がそれぞれ6分の1、となり、

遺留分は、さらに法定相続分の2分の1ですから、お母様が4分の1、兄弟姉妹では12分の1、となります。

これを、2000万円で計算しますと、お姉さんと弟さんは、約167万円はもらえる権利があるということになりますね。

 

リフォームは、全額が、お父様とお母様に対する寄与になるわけではありません(あなたが住むので)が、少なくとも半額は寄与になりますので、1250万円は寄与していることになるわけですね。

あなたがご両親の財産を一切いらないと現時点で決意されているのであれば、その旨伝えて、あなたのお気持ち、つまり同居したい理由というのを説明されれば、お姉さんや弟さんが十分納得できるという意味での円満解決はできるかとは思います…

 

ただ少し気になることがあります。

それは、そもそもお姉さんや弟さんが、お父様を含めた話合いをしたくないというところと絡んでいるのではないかと私は思うのですが、お父様のお気持ちを最優先させることこそが本当の意味での円満解決だと、私は考えます。

 

お姉さんや弟さんは、お父様がいらっしゃると、そのように、あなたおひとりが不利益を被る(つまり、お父様のお立場からしたら、面倒をみるという迷惑をかけ、かつ財産を残してあげることもできない)ようなことにさせるわけがないと思っているので、それを避けたいのではないかと思いますよ。

といいますか、私が、あなたのお父様の立場でしたら、正直、財産は、あなたのお母様とあなたにだけ残すと思います。

 

あなたがおっしゃるように、そもそもお父様の財産ですから、当然、お父様も一緒に参加し、お父様のお気持ちを優先しないと、本当の意味での円満解決はないと思います。

お父様が、どのように、ご自分の財産を、奥様やお子様に残してあげたいと思っているのか、を実現することこそが、一番大切ですから。

法律 についての関連する質問