JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

離婚をしました、質問は墓所の問題です、私は男性ですが家を出ました離婚間際に墓所を購入しましたその時の費用を女房のお金

解決済みの質問:

離婚をしました、質問は墓所の問題です、私は男性ですが家を出ました離婚間際に墓所を購入しましたその時の費用を女房のお金で墓を造りました、離婚した後に墓参りしたときに生前の名前のところは朱で掘ってありますがボンドで消されてあります、所有権はどちらに有りますか教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

まず、原則論では共有となります。

つまり、墓地の使用権と墓石の所有権を、お二人がともに所有するということになります。

(表現が少しややこしいですが)

 

 

墓というものが特殊で所有権の問題が生じるのは、そこに「遺骨」(つまり人の体の一部)が眠っているからなのですが、

今回は、生前にご購入された名前が朱塗りのものですから、単純に、家と同じだと考えてくださってかまいません。

夫婦が家を買われますと、原則として、名義に関係なく、共有になりますね、それと同じです。

 

ただ、今回は、奥様のお金で買われたということですよね。

もしも、これが、結婚前から奥様が貯金していたというようなお金といった「本当に奥様だけのお金」と言えるのであれば、奥様単独の所有となってしまいます。

しかし、実際には、結婚前からの奥様のお金ですと、証明することは通常難しいですから、現実的には、結局、共有と評価されるはずです。

ところで、名義で所有者が決まるわけではありませんが、名義が一つの参考になることは確かですので、いくら奥様が本当に奥様だけのお金で買ったと言っても、朱塗りの名前に、あなたの名前がかかれていたり○○家の墓とかかれていたような場合には、やはり、共有と評価されるはずです。

 

 

まとめますと、現在の状況では共有ですので、他の財産と同じように財産分与の対象となります。

ですので、今後、お二人で話し合って、どちらが所有するのかを決めてください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事有り難う御座いました、再婚の相手と2人とも現在の墓に入りたいのですが、相手が話し合いで解決と有りますが金銭の負担もしなくてはいけませんか、それと墓の維持費等毎年支払を元妻と息子で支払っていますこの点もどのように考えたらいいでしょう、宜しくお願いします。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

基本的には、お墓の購入にかかった分の半額を負担するべきということになります。

ただし、他の財産との関係もありますので、絶対に金銭の支払いをしなくてはいけないというものではありません。

たとえば、なのですが、車を奥様のものにして、墓をあなたのものにする、といった解決もありますので。

 

今後、あなたと再婚相手でそのお墓を利用していきたいということでしたら、墓の維持費等は今後あなたと再婚相手のお二人で払っていくべきということになりますね。

 

これまで元奥様と息子さんが払ってきた分は、基本的には、その他の生活費と同じと考えてよいですから、すべて価値は消費されていると考えて無視してくださってかまいません。

財産分与というのは、現にある別れる(別れた)二人の共有財産をどのように分割するのかという問題だからです。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問