JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は大型2種免許をもち現在観光バス会社に勤務しています。先日会社の車庫内で物損事故を起こしました。健康診断を受けたの

解決済みの質問:

私は大型2種免許をもち現在観光バス会社に勤務しています。先日会社の車庫内で物損事故を起こしました。健康診断を受けたの ですが睡眠時無呼吸症候群と診断されました。呼吸器科の病院で治療を継続すれば勤務に差しさわりは無いとの診断書をもらいましたが会社との話し合いで退職することになりました。退職日まで乗務はない予定だったのですが2週間ほどあいたとき急に乗務を依頼されました。そして乗務した当日物損事故を起こしてしまいました。会社の規約では事故を起こした際は保険の免責の一部を負担することになっています。本日会社へ行ったのですが会社を辞めるときは保険の免責金額10万円を全額負担するように言われました。2回の事故で合計20万円です。支払い義務はあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

確かに労働者が労働契約に基づく義務や付随義務に違反して使用者に損害を与えた場合は、債務不履行に基づく損害賠償責任を負いますが、裁判所は一般に使用者から労働者に対する損害賠償請求やその金額については一定の制限を設けています。

一概には言えませんが過去の判例によれば労働者が起こした事故などの損害で、労働者が負担する損害額はその4分の1程度とされています。

特に今回のケースでは、事前に健康診断書を提出し、その診断内容も勤務に差しさわりはないとしているにも関わらず、退職することになったということは会社は貴方が乗務することは危険だと判断したわけです。

そして、そのようなことがあったにも関わらず、退職予定日まで乗務予定がなかったものを会社の都合で急に乗務させられたわけですから、そのことによって発生した損害は使用者が負担すべきものと考えられます。

このような点から免責金額を負担する義務はないことを主張し、支払を拒否されるとよいでしょう。

後は会社がどのような対応に出てくるかというところですが、これまでの判例からも全額を労働者に負担させることは認められていませんから、訴訟までしてくる可能性は極めて低いでしょう。

そもそも時間と手間とお金を考えると貴方が支払いを拒否したからといって、20万円のために会社がどうこうしてくることは考えられません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


診断は最初の事故の後うけました。実際の損害額は関係ないのでしょうか?最初の事故の分も拒否できるんでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

実際の損害額は関係ありません。

労働者に対する損害賠償請求は、使用者が現実に被った損害に基づくものでなければなりません。

今回のような経緯のもとに起こった事故でない場合(最初の事故)についても、事故による損害賠償請求は、「労働者の活動から利益を得る使用者はそこから生じるリスクも負担すべき」という考え方があります。

これは会社は労働者を使用して利益を上げているのだから、その業務の過程において生じた損害も会社が負担すべきということです。

交通違反などが原因で、つまり労働者に故意や過失があれば、労働者の損害賠償責任が認められるケースがありますが、それでも損害額の全額を認められることはありません。

このようなことは判例法理として確立されているものです。

実際の裁判では、労働者にどの程度過失があったのか、労働者の地位・職責など、会社がどの程度事故防止の対策をしていたかなど、総合的に考慮して労働者負担の損害額が判断されるのですが、先の回答通り今回の金額で会社が訴訟まで起こしくると考えられません。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問