JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

突然ですが、質問させていただきます。先程、私が歩行中に携帯に夢中になってしまい、路上に駐車していた車両のバンパー

解決済みの質問:

突然ですが、質問させていただきます。 先程、私が歩行中に携帯に夢中になってしまい、路上に駐車していた 車両 のバンパーに膝がぶつかってしまいました。中から人が出てきて、私に対し、お前が突っ込んだのでバンパーの下の方の、割れている部分が押し込まれ、割れが大きくなったと言ってきました。板金修理する必要があり、修理 費用 と代車費用を請求すると凄んできました。場合によってはバンパー交換になるとのこと。警察を呼びましたが、 警察 は 事実確認 のみでした。 交通事故 ではないのであとは本人同士でとのことで、連絡先を交換して別れました。 この場合、私はどこまで弁償しなければならないのでしょうか。どう見ても、バンパーはもともと大きく割れており、粘着テープのようなもので止めてあり、私のぶつかり方でそんなひどくなるとは考えられません。 明日電話で対応を話すのですが、先方は修理と全額 弁償 を要求してくるでしょう。私としてはもともと割れていたものなので、 迷惑料 の支払いは避けられないまでも全額弁償は納得できません。どのように進めたらよいか分りません。アドバイスをお願いします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

質問者様が車にぶつかったことは事実ですが、
それによって何も実損害が発生していないのでしたら何も支払う必要はありません。
となると、進め方としては、
「謝罪はするが、金銭の支払い義務は一切否定する。」ということに尽きます。

確かに、ひざをあててしまったことは事実なので、実損害とは別に迷惑料を支払うという考えはありでしょう。それでも、ごく少額でいいと思います。

とにかく、支払わなくてもいいものなのですから、とくに難しいことなど考えずに、
「支払うことはできません。バンパーはもともと壊れていたはずです。」との返答に終始してください。
裁判でもなんでも怖くないんだという自信を見せないと、つけこまれてしまいます。

仮に本件を弁護士に頼んだとしても、同じです。
弁護士は、ただ支払い義務を否定するだけで、特別なことはできない案件です。
ですから、質問者様が支払い義務を否定する返答さえできればそれでいいのです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございます。ご回答にある実損害とは、本件の既に粘着テープで補修してあるバンパーの亀裂が進展したという先方の言い分を認めるのでしょうか。また、足止めされた(1時間)と言っていましたが、実損害なのでしょうか。


迷惑料の相場も分りません。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
本件でいう実損害は、バンパーの亀裂が大きくなったことです。
質問者様の記憶では、そのようなことはないのですから、認めてはいけません。
実損害の発生を立証する責任を負っているのは、被害者側です。

迷惑料は気持ちですから、相場はありません。
数千円でもいいですし、きりよく1万円でもいいと思います。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問