JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

昨年、祖母から土地の贈与を受け、そこへ家を建てた者です。贈与を受ける前に司法書士、税理士から誤った説明を聞き、それを

解決済みの質問:

昨年、祖母から土地の贈与を受け、そこへ家を建てた者です。贈与を受ける前に司法書士、税理士から誤った説明を聞き、それを信じて贈与を受けました。土地の路線価は約 1500万円です。今年、470万円弱の贈与税が発生します。
税理士事務所に相談すると、この際一度贈与を受けた土地を祖母へ返して贈与税を無くし、祖母に公証人役場で遺言状を作って貰い祖母がなくなってから土地を相続すればいいと税理士事務所の人に言われました。祖母には私の母も含め3人の子がいます。遺言による祖母から孫への土地の相続は可能なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
お祖母さまが遺言書を遺せば、相続人であるお子さんがいる場合でもお孫さんへ直接相続させる(法律的には、亡くなったときに相続人以外に財産を渡すことを「遺贈」といいます)ことが可能です。
この場合は贈与税ではなく相続税の課税対象になりますので、多額の基礎控除額が利用でき税金がかからない又はずっと安い金額で名義を移すことが可能です。

ただし、問題は既に登記をしてしまっている前回の贈与を無かったことにできるかという点です。
不動産の名義変更の登記はあなたとお祖母さまが協力することで簡単に消すことができますが、課税上も贈与を無かったことにできるかどうかはそれとは別の問題であり、税務署がどう判断するかにかかっています。
したがって最悪の場合、一度贈与したものを再度贈与したと見られてしまう危険がありますので、急いで行動に移らずに必ず税理士を交えて税務署とよく相談の上で慎重に行ってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。そもそもは住宅取得資金の贈与の非課税枠に土地も含まれるとの誤った話が元です。一度贈与を受けたものを覆せるとは思いませんが。おかしな税理士事務所です。万が一、土地の贈与を無効にできるとして、遺贈により、土地の100%を相続できるのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
お祖母さまが、「その土地をあなたに遺贈する」という遺言を遺せば100%あなたが取得することが可能です。
ただし相続人には遺留分という遺言によっても奪えない権利があるため、お祖母さまの遺産がその土地のみである場合は最大でその土地の半分については相続人から権利を主張されてしまう可能性があります。
遺留分の権利を主張するかどうかは各相続人の自由意思で決めることなのでお祖母さまの意思を尊重して請求しないこともありますし、もし請求された場合でもあなたはその分を金銭で支払うことも可能ですので、土地を手元に残すことができます。

もともと税理士事務所の職員のいい加減な話が問題の根本にあるのですから、きちんと責任ある立場の税理士に対応してもらうよう強く求めた方が良いですよ。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問