JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

約5年前に世話になった方が不動産業を始めて、断りきれずに不動産投資としてその方の言われるがままにアプラスで500万円

解決済みの質問:

約5年前に世話になった方が不動産業を始めて、断りきれずに不動産投資としてその方の言われるがままにアプラスで500万円のローンを組んでアパートを購入しました。その後、その不動産会社にそのアパートを運用してもらい半年ほどが経ち、その後売却したいと言ったので売却してもらいました。その時の売却額が430万だったと思うのですが、その430万円をその方が借用書を書いて強引に持って行きました。私のところにはアプラスの毎月の支払い(57.575 円)だけが10年ローンで残りました。ただ、昨年夏まではその方と借用書の連帯保証人になっている奥さんとで毎月の支払い分を借用書の約束通り私の口座に振り込んで貰えてたので、私の実際の負担はありませんでしたが、昨年の夏から不動産屋をしていたその方が行方知れずになり、私がそのローンを払うことになってしまいました。連帯保証人の奥さんは金沢で飲食業をしているので、その方に支払いをお願いしているのですが、その方もすでに離婚して私も払えないの一点張りで、どうしたら良いか本当に困ってます。私も今までは何とか貯金でローンを払っていましたが、あと5年近くも残っているローンまで払うとなるとかなり厳しい状況です。私としてはこの借用書通り、本人が失踪状態で連絡が取れないので連帯保証人の方に支払いをお願いしたいのですが、無理なんでしょうか?また、その連帯保証人の奥様もかなりの借金の肩代わりをしているようなのですが、この失踪した方を訴える方法はあるのでしょうか?良い方法がないか教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
相手の奥さんは連帯保証人になっていますので、離婚したかどうかにかかわらずあなたへ返済する契約上の義務があります。
また、相手が失踪して行方不明であっても公示送達という手続きを使うことで訴えることは可能です。

ただ、現実問題としては、たとえ訴えて裁判所から相手に支払うよう命ずる判決をもらっても相手に返済する収入や財産が無いと、残念ながら絵に描いた餅にしかならないので注意が必要です。裁判所という公権力の手助けを得ても、無いところからはどうやっても回収する方法はないのです。
さらに、相手に返済に回せるような財産があることはあなた自身で調査しなければならず、財産の所在がわからないと強制的に回収する手続きを取ることもできないので、一般の方が相手が逃げてしまったり返済が滞ってから回収を考え始める時点では、ほとんど有効な手段が無いことも非常に多いです。

相手の奥さんは飲食業をしているとのことですので一定の収入はあるのでしょうが、かなりの借金の肩代わりをしているという状況では返済を受けるのはかなり厳しいことが予想されます。
法律的なことではありませんが、たくさんの借金を抱えた方というのは督促の厳しい相手に優先して返済するのが常ですので、地道にしつこく返済を求めないと後回しにされてしまうでしょう。

厳しいことを申し上げますが、相手や奥さんからの回収ができずにあなた自身がアプラスへの返済を出来なくなってしまった場合には、ご自身の財産を処分して返済する必要があります。
もし返済にあてる財産をお持ちでない場合は、今後のご自身の生活を守るために破産等の法的整理で債務を免除してもらうことも視野にいれる必要があるでしょう。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

回答をお読みになり、疑問は解消できましたでしょうか。

より詳しい説明が必要な点がありましたら、返信にて続けてご質問ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます。大変分かりやすく満足していますが、もう少し詳しく教えてください。


・公示送達の手続きというのはどうのようにしてするのですか?また、費用はかなり掛かるのでしょうか?それと、その手続きによって失踪した方はもちろんですが、連帯保証人の方にも支払いを命じてもらえるのでしょうか?なぜなら連帯保証人の元奥様は、かなりの借金の肩代わりをしていますが、収入もかなりあります。その方の収入から優先的に支払い分を差し押さえたいのですが、それは難しいのでしょうか?


・今回の回答で取り立てが厳しく難しいものだとは理解できたのですが、失踪した方の両親が息子がそのような理不尽な事をしたと息子から確認が取れれば、できる範囲で弁済してもいいと言ってくれているのですが、息子から何の連絡もない以上、あなたには悪いがどうしようもないと言ってます。


公示送達の手続きをすれば息子と連絡が取れなくても、私へ迷惑を掛けている事が証明されると思うのですが、この方法は有効ではないでしょうか?


・最後になりますが、ネットで地元に無料弁護相談の案内がありました。まだ時間が無くて行く予定はないのですが、AEさんに相談した内容をその無料弁護相談でより詳細に相談して、この問題に力になって貰えるでしょうか?私としては借用書通り支払いをしてさえ貰えれば良いのですが、無料弁護相談に行って相談しても内容は同じなのでしょうか?教えてください。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

公示送達の申立で裁判所に払う手数料は1000円と安いのですが、公示送達というのは相手の所在がわからず他の方法で裁判所からの書類を届けることができない場合の最後の手段ですので、公示送達で進めてもらう前提としてまずは通常の郵便による送達をしてみて届かないことを確認したり、自分で相手の住民票上の住所を実際にたずねて調査するなどする必要があり、その分の切手代や交通費といった実費はかかります。

 

失踪した方はあなたからお金を借りたので返済する義務があり、元奥様はその借金の連帯保証人になったので失踪した方と同じように返済する義務を負っています。
この二人が負う返済の義務は、関連するものですがそれぞれ別個のものですので、失踪した方だけ、あるいは元奥様だけを訴えることもできますし、両方を一緒に訴えることもできます。
借用書という客観的で重要な証拠がありそこにお二人の署名・押印があるのでしたら、他に特殊な事情がない限り裁判所はあなたの主張を認めて支払いを命じる判決をしてくれる可能性が高いと思いますよ。


元奥様に収入がかなりあるのでしたら、差し押さえにより回収することができるかもしれません。ただ、前回もお話したとおり相手の財産がどこにあるかはあなたが調べなければなりませんので、例えば元奥様が口座をもっている銀行名・支店名に当たりをつけておくとか、元奥様の収入源をしっかり把握しておくことが必要です。

 

相手のご両親には返済の義務はありませんが、払ってくれるというのであれば返済を受けても問題はありません。元奥様から事情を説明してもらうか、あるいは失踪した方を訴えて裁判所で支払を命ずる判決をとってから、裁判所が息子さんが理不尽なことをしたと認めているので払ってくださいとお話をしてみるのは有効かもしれないですね。

 

面談での法律相談にもぜひ行ってください。
ここでお伺いできる事情は限られ、お手元の借用書を拝見して内容を見るることなどもできませんし、もっと詳しくお話になることで新たな道が見つかるかもしれません。
私にはここにお書きいただいた疑問にお答えすることはできても直接お手伝いをすることができませんが、直接弁護士とお話するのであれば、信頼できそうな方であればそのまま引き受けて欲しいとお願いすることもできますので、時間を作って相談に行かれるのが良いですよ。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問