JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

築30年の持家のマンション住まいです。現在8歳になるシーズー犬を飼っております。マンションの規約では「他の居住者に危

解決済みの質問:

築30年の持家のマンション住まいです。現在8歳になるシーズー犬を飼っております。マンションの規約では「他の居住者に 危害 を与える恐れのある犬猫の飼育禁止」とありますが、ごく最近「近所の 居住者 から泣き声、悪臭の 苦情 があり、よって 規約 違反 となるため犬を即 刻放棄するよう」との勧告が理事会から参りました。我が家の犬はおとなしい犬種でマンションの中もバッグに入れてしか移動せず、何の警告もなく突然の勧告に戸惑っております。これから理事会がどのような話し合いの結果このような勧告を出したのか、詳しく話を伺おうとは思っていますが、一般的にこのような 勧告 はどのくらい 強制 力があるものでしょうか。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

一般論として申し上げれば、強制力はありません。

ペット禁止のマンションは多くありますが、そこでペットを飼育していたことが判明しても、
よほど悪質なケースでない限りは、退去や処分を求められることはありません。

仮に判明した場合でも、
・新しく飼い始めることは禁止。飼い始めたら退去。
・飼育には万全の注意を払うこと。
程度の誓約をさせられることが普通です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問