JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚後の使用賃借の契約書内容についての相談です。二年前に離婚し、現在私と息子が元主人名義の家に住んでます。土地は二人

解決済みの質問:

離婚後の使用賃借の契約書内容についての相談です。二年前に離婚し、現在私と息子が元主人名義の家に住んでます。土地は二人の共有名義です。今回元主人が使用賃借の契約書を作成し送って来ましたが、内容に合意できません。離婚時にローンは元主人が支払う代わりに固定資産税、火災保険、建物の修理代は私が持つ事で合意し、公正証書を作成しました。期間は記載しませんでしたがお互 いの話し合いで元主人がローン支払が完了するまで住んで良いと決め、元主人もそれは今も忘れていない事を確認しました。私は公正証書内容はきちんと守っています。ですが、契約書には私の親族、息子の友達以外に家に入った人がいた場合、書面にて報告する事、たとえ宅急便や学校の先生、近所の人でもです。後、1年に一度自分を家に入れ、中を確認させる事、など記載されていました。公正証書には、この公正証書をもって離婚に関しては全て解決したとみなし、今後お互いの生活に一切干渉しないと記載してあります。書面での報告、一年に一度の家の中の確認は許さなくてはいけないのでしょうか。先日、屋根を修理した際は事前連絡し、完了後も報告しました。屋根の時のように家の修理が必要な時はこちらがきちんと連絡しています。元主人は貸主として誰が出入りしているのか把握する為、息子の交友関係を知る為と言ってます。貸主としての義務と父親としての義務だそうですが、私達の生活を干渉してる事にはならないのでしょうか。後、我が家はログハウスなので保存の為、塗装が必要です。塗装をこちらでするのは了解です。元主人は三年に一度と言ってますが、平均を調べると5〜6年です。元主人も離婚前に自分でも「最初の数年は毎年塗るが、それ以降は5年に一度で良い」と言ってました。私は5年に一度で良いと思います。以上、報告書と塗装の件が出来ないのなら家から出てもらうとの事です。出て行かなくてはいけないのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、公正証書で取り決めがされていれば、余程事情が変更しない限り

守っていかないといけないと言う考えはあるでしょう。

公正証書(離婚協議書?)を作成する時点で、もっと協議されるべき問題だったかも

しれません。

賃貸借でなく、使用貸借と言うのが、少し立場的には弱いかもしれませんが

固定資産税等を支払い、土地の名義は共有と言うことは、所有者とそれほど

変わりがないので、そこまで元ご主人様に縛られる意味があるのかとは

思います。

純粋な使用貸借とは言えない部分だと思います。

塗装などは、本来は家主がすることです。

そう言う意味では、賃貸借の雰囲気もあります。

宅急便や学校の先生などの件は、どうもやり過ぎの気も致します。

確かに、元ご主人様が、ご自分の不動産の財産価値の維持のために

1年に一度ぐらいは確認するのは問題ないでしょうし、お子様との面会交流も

あり得ます。

塗装の件は、口約束だけなら、書面化しておいた方が良いでしょう。

自分の土地から追い出されると言う話は、居住権を考えてもないでしょう。

一応、内容証明等で、変更条件を提示してから、応じないなら

家庭裁判所の調停にするでも良いでしょう。

出ていかないといけないと言うことはないでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問