JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

お尋ねします。転居後、以前の住所地に住民票を残したままにしていたところ、住民票が職権で消除されてしました。本籍地から

解決済みの質問:

お尋ねします。転居後、以前の住所地に住民票を残したままにしていたところ、住民票が職権で消除されてしました。本籍地から戸籍と附票を取って現住所に登録しようと思うのですけれど、その後に前住所地の役所へ転出日を変更してもらう方法はないでしょうか。または、今年の1月1日時点は「消除」期間に当たるので、住民税は発生しないと考えられますが、これを前住所地または現住所地のどちらかで発生するようにできないでしょうか。


要は、勤務先にこれらの情報を知られずに問題を解決したいと思っており、ご相談させていただいた次第です。何卒宜しくお願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

住民登録が消除されていても1月1日現在の居住地で住民税は課税されます。

登録がないから発生しないのではなく、ただ手続上、納付書等が送付できないので請求・督促等がされないというだけです。

 

現住所に移転して来たのが昨年以前であれば、その日付を書いてで転入届を出せば住民票にはその日付で転入と記載されますし、本年度の住民税は現住所で課税されることになります。

 

もしご質問の趣旨と違うようでしたら、返信にて続けてご質問ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速にご回答いただきありがとうございます。


ほとんど解決しましたが、一点だけ質問させて下さい。現住所に移転してきたのを今年1月1日以降(例えば今日の日付)にしましたら、今年の住民税は前住所地から、来年以降は現住所地の役所から勤務先へ請求されると考えてもよいのでしょうか。


勤務先から通勤手当を半年毎に受領しており、昨年の転居を申請してしまうと、通勤費の超過申告を指摘される恐れがあります。可能であれば今年4月1日から、現住所地へ転居したことにしたいと希望しています。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

まず前段については、そのように考えて良いです。ただし消除され住所が不明な今年の1月1日が基準となる本年度の住民税がどちらの住所地で課税されるかは役所が決定しますので、本年度の分から現住所で納付するように言われる可能性はあります。
通常は届出た日付をそのまま判断の基礎としますので、お考えのように前住所での課税となる可能性が高いでしょう。

 

つぎに後段のご希望のようなことが可能かどうかという点についてですが、4月1日以降に転入届を出すことで可能では有るのですが、住所移転の届出は実際に移転した事実を届けることが法律で義務付けられているものであり、届出をしなかったり虚偽の届出をした場合は5万円以下の過料が課されることがありますので、実際の移転日を正直に届出るのが良いと思います。
また、住所を偽って勤務先から多く通勤手当を受領するというのは詐欺罪にあたる犯罪行為ですので、実際の移転日以降の通勤手当については会社に返還するのが法律的には安全でしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問