JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

1年半ほど前に投資を簡単にできるソフトウェアを買いました。 契約書なども書いて100万で購入したのですが、正直

解決済みの質問:

1年半ほど前に投資を簡単にできるソフトウェアを買いました。

契約書なども書いて100万で購入したのですが、正直買うつもりもなかったのですが、SNSで知り合った人が一緒に始めようと言われて購入しました。
この投資のソフトを使えば100万も早いうちに返せると言われて買いましたが、後日そのSNSで知り合った人もその会社の人間ということがわかりました。
今は、そのソフトも使っていなくて、100万を給料から少しずつ返している状態です。
後、消費者金融をその会社から紹介されたのもおかしな話と知人から言われたのですが、どうなんでしょうか?

結構前の話なので、厳しいかもしれませんが100万円は返って来ませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

SNSで知り合った相手に親しげな態度で近づき、詐欺まがいな手法や強引な勧誘を行い高額な商品や投資ソフトを買わせるといった手口はここ数年で非常に増えていると言われており、あなたが遭遇してしまったのもおそらくその1つです。
ただし100万円の返済というのが消費者金融からの借入であれば、こちらはあなたと消費者金融との契約であり、SNSで知り合った相手は直接関与していないあるいは限定的な関与に留まりますので争って無効とすることはまず無理でしょう。


したがって返金を考えるのであれば、投資ソフトの販売会社を相手にする必要があります。

会社の人間が第三者を装って販売目的を隠してあなたに近づくのは特定商取引法に違反する違法な販売行為ですし、その他に事実と違うことを告げたり、強引な勧誘行為があればそれらについても違法であるとして、特定商取引法ないし消費者契約法により契約の取消を求めることは可能です。
また事業所以外で契約をしたり、販売目的を隠して事業所に連れて行かれてそこで契約したような場合はクーリングオフの対象になります。クーリングオフの期限は8日間ですが、この期限はクーリングオフの内容について文字の大きさや色まで細かく法で定められている法定書面の交付から進行することになりますので、書類に不備があるような場合には1年後半後であってもクーリングオフが可能な場合がありますので、一度契約書を専門家に見てもらった方が良いです。

 

かなり前のことであり証拠の収集や記憶に基づく事実の再現が難しいことが予想される点や、この手の悪徳業者はかなり巧妙に違法スレスレの行為をするものであることを考えると、率直に言って返金を受けるには困難が予想されます。
しかし法律的には上記のように争って返金が受けられる可能性のあるものであり、泣き寝入りするには惜しい金額だと思いますし、専門家が介入することで比較的スムーズに解決に至ることもあるため、これからでも行動を起こす価値は十分にあると思います。

 

専門家に依頼する場合は、弁護士や認定司法書士、こういった消費者被害やクーリングオフを専門に扱っている行政書士を探してください。

回収できるかわからないのに費用をかけるのはちょっと・・・ということであれば、まずは無料での面談相談で詳しい事情を説明し契約書を見てもらうところから初めてみると良いですよ。
数は少ないのですが個々の事務所で行っているところがあるほか、収入が一定以下であれば法テラスで弁護士の無料相談が受けられますし、司法書士会では誰でも無料で面談相談を受けられるほか、行政書士会では第二水曜日に消費者契約に関する無料相談会があります。
●法テラス大阪
http://www.houterasu.or.jp/osaka/guidance/
●大阪司法書士会
http://www.osaka-shiho.or.jp/soudan/index.html

●大阪行政書士会

http://www.osaka-gyoseishoshi.or.jp/pub/index.fcgi?mode=teiki_sodankai

 

受付は平日のみですので、週明けにまずは電話して予約を取ると良いでしょう。

AEをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問