JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

父親が父親の知人に借金をして他界しました。借用書に何かあったら息子に請求して下さいと記入してあり返済を迫られています

解決済みの質問:

父親が父親の知人に借金をして他界しました。借用書に何かあったら息子に請求して下さいと記入してあり返済を迫られています。支払う義務はあるのでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
借金のようなマイナス財産も相続される財産ですから、お父様の財産を相続すると法定相続分の割合で返済の義務も相続します。
しかし現在手続きを進めている相続放棄をすればこの義務は相続せずに済みます。

また、借用書に「何かあったら息子に請求して下さい」と記入があり、お父様が自分が亡くなったときは息子が払うと言っていたとしても、息子であるあなたがその約束に拘束されることはありません。
あなた自身がその約束に関与していませんので、一方的に返済の義務を強制されることはないのです。

したがって、支払う義務はない、という結論になります。
以上、端的にお答えいたしましたが、より詳しく回答が必要な点がありましたら、続けてご質問ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

souzokuhoukisitemosinakutemosiharaigimuhanaitoiukotodedhouka?


 


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
相続放棄をすることで支払の義務を免れます。

回答の要点は2点あり、
1点目は、何もしないとお父様の支払義務を相続してしまうので、相続しないようにそのまま相続放棄を進める必要がある
2点目は、借用書の「何かあったら息子に請求して下さい」という記載はお父様の希望を書い
ただけにすぎず、あなたに支払義務を負わせるような法的効果は無い
ということです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

2点目の支払義務を負わせる法的効果は無いということですが相続により支払義務は生じるということでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
その通りです。

元々お父様は借金をした本人ですから、返済の義務を負っていますよね。
したがって、お父様を相続するとその返済の義務も相続することになりますので相続放棄が必要です。これが1点目です。

一方で、あなた自身は「何かあったら息子に請求して下さい」という借用書の記載があっても直接には返済の義務を負っていないということを注意的に申し上げたのが2点目です。

お父様の返済義務を相続することと、あなた自身の返済義務があるかどうかということは法律的には別のことなので、分けて説明をしています。
質問者: 返答済み 4 年 前.

たびたび申し訳ありません。


相続放棄の手続きが完了するまでは相手方にはどういう対応をしたらよいのでしょうか?


相続放棄の手続き中と正直に言っても大丈夫でしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

はい。相続放棄の手続き中と言って大丈夫です。
そして、一切の支払いをしないでください。

相続放棄が受理されると家庭裁判所で申述受理証明書という証明書を発行してもらうことができますので、もし相手が相続放棄したことを証明しろと言ってきたり、裁判その他で請求をしてきた場合にはそれを見せれば良いです。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問