JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

購入した車の名義変更で困っています。所有者BMW東京 使用者法人(H22倒産しています、管財人には整理済みの為、すき

解決済みの質問:

購入した車の名義変更で困っています。所有者BMW東京 使用者法人(H22倒産しています、管財人には整理済みの為、すきにしてくれと言われています。)BMW東京と確認し残債無ということで購入したのですが、いざ所有権解除しようとしたらアプラスよりストップがかかり名義変更の書類が発行できなくなったとBMW東京にいわれました。アプラスに問い合わせたところ、法律的には残債が¥0でも書類発行には社内上の残 債を完済してもらう規定があるとのことでした。アプラスより別除権はない為、こちらから回収はしないが車を返してほしいといわれました。もしくは車検証と払っても良い額を書いてFAXし社内の協議でOKがでれば支払と同時に書類の発行を行うといわれました。残債は使用者ではないので答えれない、払っていい額でFAXをと言われ、払うとしても10万くらいならとも思いますが、10万でも支払ないほうがよいですか、その法人の債務の追認にはならないでしょうか?ないにかいい方法はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答のため、いくつか確認させてください。
1.誰から購入したのでしょうか。
2.売買契約書は交わしていますか?
3.代金の支払は完了し、自動車の引渡しは済んでいるということで良いでしょうか。
以上の3点について、返信をお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

1.ヤフーオークションでの購入です。だだし電話での即決となり、オークション上は早期終了となっています。念のためやりとり確認できるように画面を保存しています。


2.売買契約書はかわしていません。委任状等はそろっていますが。印鑑証明は期限切れです。ただし所有者ではなく使用者の書類となります。


3.支払は終了しています。車は手元にあります。


宜しくお願い致します

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございました。
もう少し詳しい事情をお聞かせください。

オークションの出品者は誰なのでしょうか。
所有者であるBMW東京ではなく、倒産法人の管財人でもない第三者ということであれば、どのような権限で売りに出したかと言う点が不思議なのです。
取引にあたり、残債や名義変更で問題が生じた場合についてどのような約束になっていたか、例えばそういったリスクが表示されそれもコミで安く落札したという事情があったのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

出品者(good_car_8)は第三者です。権限は不明です。


 


訳あり2008年335i MスポーツPKGカブリオレ


(2012年 12月 19日 10時 18分 追加)


残債なし、税金23年まで完納。使用者の書類7点あります。内外装ともにとても綺麗です。BMWと確認しました。


訳あり。登録、名義変更希望の方は有料で承ります。お支払いは落札金額のみです。


 


という内容です。


 


 


印鑑証明の期限切れと税金未納については説明がありました。


私も購入後BMW東京に確認し残債なしといわれ、印鑑証明の期限切れと税金未納があるため、ややこしいので行政書士さんに依頼し名義変更手続きをしていました。


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございました。

率直に言って、かなりややこしい自動車を購入してしまったのですね。

 

中古自動車の売買の場合、特に異なる内容を明示したり、訳有りということで名義変更ができないことも承諾した上で取引をしたのでない限り、売主にはきちんと所有者の変更登録ができるよう協力する義務があります。残債なしということで売却しながら支払をしないと変更登録できないのであれば、それは残債有りと同じことで売主側の債務不履行ですから、本来は売主にその負担を求め、なおかつ変更登録に必要な所有者の書類を揃えるところまで売主に行わせるべきことです。
それができないのであれば、契約を解除し代金の返金を受けるとともに自動車を返還するというのがあなたにとっては一番後腐れの無い方法でしょう。

 

ただ現実問題として、このように怪しい出品をするような相手がどこまで誠実に解約に応じてくれるかは未知数ですし、本件の自動車を自分のものにしたいという場合は契約を解除する訳には行きませんので、一定額を負担してでもアプラスとBMW東京の協力のもとで正規の書類を整えて変更登録をするという選択肢もありです。
この際、あなたが例えば10万円を払ったからと言ってそれだけで倒産会社の残債を承認したということにはなりませんので大丈夫です。より安全にということであれば、「あなたが10万円支払うのと引き換えにアプラスは本件の自動車に関する一切の権利をあなたに譲渡する(あるいは放棄する)」という書面を交わしておけば良いです。書面については名義変更を依頼している行政書士に依頼すると良いでしょう。
支払う金額はいくらが妥当か、というのは残債の額がわからないとなんとも言えないのですが、アプラスはもう返済は受けられないと思っていたはずですから、少額でも応じてくれるかもしれません。5万・10万ぐらいから提示してみてはいかがでしょう。
もし残債の正確な額を知りたいのであれば、BMW東京からの問い合わせであれば答えるのではないでしょうか。

 

法律的な所有権ということを考えると、本件の自動車のようにオートローンで購入した自動車の場合、通常はディーラーと信販会社の間では所有権留保の特約がありますので、登録上はBMW東京が所有者ですが実体法上の所有者はアプラスのはずです。だからこそアプラスからストップ がかかると名義変更に必要な書類が出せないという話になるのでしょう。アプラスに倒産会社に対する別除権が無いのはその通りなのですが、所有者として現在の占有者であるあなたに対する返還請求をすることは法律的に可能であり、おそらく無権利者であろう売主から購入しているあなたにはそれを拒む権限がありません。
実際はアプラス自身が言うように、このような場合に信販会社が返還請求してくるということは無いようですが、使用を続けるのであれば変更登録はきちんとしておくべきです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返還請求をすることは法律的に可能であり、おそらく無権利者であろう売主から購入しているあなたにはそれを拒む権限がありませんとありますが、別除権がないのに、可能なのでしょうか?委任状や譲渡書や期限切れの印鑑証明は無意味なのでしょうか?法律的に弱い立場ならアプラスの要望に対応し強い立場なら対抗を考えてています。


P.S BMWの所有権解除のさいにローン残債確認はBMW東京からアプラスにはしてもらいましたが、使用者本人以外には答えられないとアプラスからの返答でした。管財人に相談したところ、使用者が法人で倒産しているのでこの世の中に使用者はいないことになりアプラス次第だといっていました。法律上のことはアプラスでも把握しているのにおかしなことをいうと逆に不振がられてしまいました。


 


内容証明郵便などで使用者変更の要求をだしたりすることはできないのでしょうか?


あまり法律をわかっていないので変な質問をしていたら申し訳ありません。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

まず、別除権というのは会社の倒産など法的整理手続の際に優先して担保物件(今回では自動車ですね)を処分してその分について優先的に返済を受ける権利のことで、所有権とは別の概念です。ただし別除権者として保護されるためには所有者として登録しておく必要があるところ、今回アプラスは所有者として登録していないため別除権がない、という話になるわけです。

そして、所有者は現在占有する相手に対して、自らの所有権に基づいて返還請求ができるということをまず前提として押さえてください。

 

所有者が誰かということは別除権とは別の問題であり、通常は代金全額を支払った者が所有権を取得する内容の契約になっています。今回の話で 言えばまず代金全額を支払ったのはアプラスですからアプラスに所有権があり、使用者であった法人がアプラスに対して分割払いで代金全額を支払い終えた時点で所有権がアプラスから法人へ移転するという流れになるのが一般的です。実際はそこに販売店が加わり相互の契約内容により更に複雑になるほか、法人契約の場合は通常と異なる場合もありますし、そのあたりの事情が詳しくわからないため「おそらく」という話になりますが、今回の話ではあまり重要ではないのでざっくりとそういうものだと理解してください。
少なくとも、所有権=売却する権限はアプラス・BMW東京・管財人のいずれかにあります。

 

これに対してあなたは確かにオークションで落札して代金を支払ってはいるものの、売主が登録上の所有者ではないのは明らかですし、上記の売却する権限のある者から取得したということも無さそうです。ありそうな事情としては倒産のどさくさに紛れて持ち出され、出品者に勝手に売却されたといったところでしょうか。
中古自動車のように登録制度のあるものについては登録を調べれば売主が売却の権限を有するかは容易に判明しますし、売主が無権利者であれば代金を支払っても所有権を取得することはできませんので、正当な権利者から返還等の請求があればそれに対抗する術は有りません。アプラスが所有者である場合はもちろん、そうでない場合でも登録上の所有者であるBMW東京がアプラスがOKと言わなければ必要な書類は出さないという以上、あなたは弱い立場です。

 

あなたが強い立場で文句を言うべきなのは無権利者である売主になります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問