JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

私の住まいの庭に隣接する、個人が所有する土地が有り、そこには杉の大木が有ります。この土地は神社との間に挟まれて降り、

質問者の質問

私の住まいの庭に隣接する、個人が所有する土地が有り、そこには杉の大木が有ります。この土地は神社との間に挟まれて降り、氏神様の御神木として祭っています。この杉の木の枝は3m程私の土地に張り出し、職人の見立てによれば、木が枯れ出し、害虫にも犯され、後2年~3年で倒木の恐れが有り、大変危険で有ると診断されました。がこの土地の持ち主曰く、氏子全員の合意を得ないと木に手を加える訳には行かない。宮司も祟りがある為、手を掛けられないと言うばかり。一部の氏子に尋ねたところ、神社境内の隣に氏神様が有り一緒に掃除をしたり、お参りはするものの氏子とは関係が無いとの回答。従って土地の所有者と
交渉して貰いたいとの話で有った為、土地の所有者にこの事を伝えるも一向に手立てを考えてくれる様子も無く、話し合いにも応じてくれる様子も有りません。このまま私の家に被害
が生じた場合、ただの自然災害で処理され、何の補償も得られないのでは?と非常に心配
です。私の家に損害が生じた場合、土地の持ち主と、祟りが有るとアドバイスをし、木に手を掛 けさせない宮司に事前に補償の確約を取り付けたいと、考えていますが、可能でしょうか?因みに私の家と約20m以上の高さを誇るこの杉の木との距離は5m程で、私の家は杉の木から真南に位置し、当然の事ながら、枝は私の家に向かって伸びて来ており、
職人の話では風向きを考慮しても、90%以上の確率で私の家に向かって倒木すると、聞きました。

要望書の内容に付いては下記の文章で送付したいと考えていますが、文章内容に付いて
推敲頂きたくお願い致したいと思います。

             (要望書)
  私は、貴殿が所有する土地(茨城県〇〇市〇〇番地)に隣接する土地
  (茨城県〇〇市〇〇番地〇〇号)の所有者ですが、貴殿所有地に生育
  しております杉の木の枝が伸びてまいりまして、私の所有地上に、お
  よそ3m程、覆い被さって来て下ります。さらに、この杉の木は平成
  24年11月、神社境内の木の伐採の際、伐採業者の見立てによると
  、虫食いと立ち枯れが進んで下り、後2年~3年程度で倒木の恐れが
  有ると、指摘を受けました。そのせいか、最近では枯れた太い枝が頭
  上より、落下して来ます。
  付きましては、この枝の越境部分を民法233条。倒木の危険に付いて
  は、妨害予防請求権に基づき、私共に被害が及ばぬ様、予防の処置を
  して頂きます旨の、要望書を送付させて頂きます。


       平成25年〇月〇日
         茨城県〇〇市〇〇番〇〇号
          〇〇〇平

         東京都練馬区〇〇町〇〇番地〇〇号
          〇〇〇〇平  殿
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>この枝の越境部分を民法233条。倒木の危険に付いて
  は、妨害予防請求権に基づき、私共に被害が及ばぬ様、予防の処置を
  して頂きます旨

「民法233条」の後に「1項により枝を除去させることができること」を挿入、

 

「予防の処置」の前に「貴殿の費用により」を挿入、

 

「予防の処置をして頂きます旨」の後に

「万一倒木による被害を被ったときは、貴殿の費用により物権的妨害排除請求権を有するこ、および私が不測の損害を被ったときは損害賠償請求権(原状回復および金銭賠償を含む)を有することを確認させていただきます」

 

を挿入すること

 

が適当であると思います。

 

 相手方がナットクすれば合意書を結んでおいたほうがよいでしょう。

法律 についての関連する質問