JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

遺産分与の件で質問です。 平成17年祖父が亡くなりました。この時の遺産分与は息子(伯父と父)2人居ますが、祖母

解決済みの質問:

遺産分与の件で質問です。

平成17年祖父が亡くなりました。この時の遺産分与は息子(伯父と父)2人居ますが、祖母は視覚障害者で何かと今後お金が必要(施設に入居する時などに)と考え、祖父の財産は全て祖母へと話がまとまりました。(当時の財産1800万ぐらい、年金2カ月で40万ぐらい)

平成21年祖母老人ホームへ入居(入居金300万月額約20万
平成23年6月息子(父)の一人が他界(私の父)
平成24年12月30日祖母他界

祖母の遺産分与は法律上、祖母の息子(伯父)と私達兄弟4人で半分づつ分与ですよね。
その事を私達が知ったのは、祖母が亡くなり、私はてっきり伯父と母で半分づつだと思い認知症と統合失調症の母に代り私が調べたところ、この事実を知りました。

そこで、伯父に話をしたところ「そうだよ、君たちにもあるよ。でも、施設のお金とか清算したら、現金なんてほとんど残らないし、家も伯父さんの名義にしたから」
と言われ、何で家の名義を変えたのか聞いたところ、「お婆ちゃん施設のお金が足りるか心配で足りなくなったら、家を売って施設のお金にするって言ってたでしょ?お婆ちゃん目が見えないから、売れないから、伯父さんの名義に変えたんだよ。贈与って形でね。」と言われ、お婆ちゃんからも話しを聞いていなかったので、びっくりしました。

確かに父が亡くなってから、お婆ちゃんに「施設を探してくれて入れてくれたのは伯父さんだから色々言えないんだけど、ここの入居費用も月にいくら掛ってるかも 教えてくれないんだよ」「お祖父ちゃんが残してくれた財産もいくら残っているか教えてくれないし、自分のお金なのに自分のじゃないみたいだよ」
「家に戻りたいけど、戻れないし何年生きるか分からないから、足りなくなったら、家を売ってここのお金にあてるしかないねぇ」と言われたので、そうなんだぁ・・・伯父さんも何で教えてくれないんだろうね、お婆ちゃんに心配かけたくないいからなのかね?なんて話をして家に帰ってから、お父さんも施設の連帯保証人になっている事を思い出し、契約書を探し出し、お婆ちゃんに電話で入居費用と月額を教えたら、「そうだったんだぁ。それならなんとか大丈夫そうだねぇ」と安心した様子でそれからは、お金に関してはいわなくなりました。

なので、伯父さんが現金があまり無いとか土地の名義を変えた事について不信感を持ち、まずは伯父さんの話を聞こうと兄弟で決め、日時を決めて、遺産分与の話合という形で話を聞いてみると、
1月7日にガス代が引き落とせなかったけど誰か銀行止めた?
誰も止めてないなら、300円も残高が無いんだな・・・こりゃ~困ったなぁ
通帳も記帳してなくて、カードで全部やってたからなぁ
この分じゃ、分与どころか負債の分与になっちゃうぞとか
何もない事をアピールしたり、放棄する事も出来るとかも言ったり・・・
私達はとにかく話を聞くのみと決めていたので、そうなんですかぁ?なるほどとかの相槌のみ
ただ、銀行だけはお金が入っていなくても止める方向に持って行こうと決めていましたので、
なんとか伯父さんも面倒だけど決まりならな・・・とOKしてくれたので1週間後に全ての銀行を
周り、伯父さんが止めに来たか確認しまだ止めていなかったので、私が止め事情を説明し
通帳の明細を出してもらい(有料)ました。

そしたら、1月4日に残金の全て(500万ぐらい)を自分の通帳へ送金していたのです。
その他にも伯父さんの子供へ車300万弱を購入していたり、300万ぐらいを自分の通帳へ送金していたり、50万を何回かに分けてカードで下していたりと総額1000万ぐらいは引き出している事が分かりました。
おそらく、1月4日に引き出した分は完全に遺産分与の対象になると思いますが残りに関してはどうなのでしょうか?
子供への車は父が亡くなって1ヶ月後の事でお金の心配をしていたお婆ちゃんが300万もの車を買うとも思えませんし、まして自分の息子が亡くなって1ヶ月後に考えられません。
父が亡くなってから、毎日なんで私より先にと泣いていましたし、1年ぐらいはずっとクヨクヨしていました。なにより、買ってあげていたら私に話をするはずです。

そして、その他に下した分についても施設費など全て引き落としだった為お婆ちゃんは下す必要が全くない状態でした。それは話し合いの時に伯父さんも言っていた事です。
「お婆ちゃんの施設のお金や公共料金は全て引き落としだから伯父さんが下すって事はほとんどないから」と

私達はお婆ちゃんに本当にお金が残っていないのなら、伯父さんが勝手に名義変更してしまった土地についても亡くなる半年以内で分与に戻せる事も知っていましたが、自分が生まれ育った家だしと目をつぶり、わずかなお金でものちのちもめたら嫌だからきちんとと思っていましたが、
伯父さんに嘘までつかれ、家も土地も財産も全て持って行かれるのでは、納得できません。

それに、銀行の送金は夜中に行われています。おそらくネットを使ったのでしょう。
その場合、お婆ちゃんの通帳から自分の通帳へどうやって送金したのでしょうか?
お婆ちゃんは80歳を超えていてパソコンなんか操作出来ないし、ネットバンクなんて言葉すら知らないし必要ないですものね・・・

ちなみに話し合いは証拠になるかとICレコーダーで録音してあります。(伯父には内緒ですが)


事実を知ってからの話合いはまだしていません。これからどのようにしたらよいでしょうか?
長文になってしまいましたが、宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

ご相談者様のお父様が亡くなった場合は、祖母様の遺産相続は

ご相談者様のお母様に相続権は無く、ご相談者様ご兄弟様達に相続権が行く

代襲相続となります。

つまり、伯父様とご相談者様4人兄弟が、相続をします。

 お話から、そのことが事実であれば、明らかに窃盗罪や横領罪の可能性があります。

ただ、親族と言うことで、親族相盗例が働き、場合によっては刑事告訴ができないことになります。

とは言え、民事では争えますので

家庭裁判所の遺産分割調停を申立てられる方が良いでしょう。

多分、話し合いでは解決しないと思います。

そう仕組んでの伯父様のこれまでの対応と考えられます。

とりあえずは、特別受益の持ち戻しをして、きちんと法定相続するように

内容証明で主張して、応じなければ、家庭裁判所の調停にするとも伝えて下さい。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼ください。

その上で、伯父様がきちんと対応しなければ、調停になります。

調停では、調停委員が、伯父様の悪事を追及していただけるでしょう。

応じれば、遺産分割協議書をきちんと作ることです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございます。


 


家庭裁判所への遺産分割調停の申し立ては家庭裁判所へ直接行けば良いのですか?その際、当然費用は発生しますよね?


 


もちろん、弁護士などに依頼するとなるとかなり費用が発生すると思われますが、不正をしなければ当然払わなくて良い費用を私達は負担しなければならないのでしょうか?


 


特別受益とは、通帳から必要以上に引き出された分はもちろんの事、土地や家も含まれますか?


 


土地など売ればお金になり、分与する事が出来ると思いますが、売らない場合でも査定した金額で分与する事は出来るのですか?


 


また、お金を全て使い込んでいたりした場合でもきちんと分与されるものなのですか?


 


解らない事だらけですみませんが、宜しくお願い致します。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

家庭裁判所の調停の費用は数千円です。

おっしゃる通り弁護士費用が相当かかると言えます。

調停の場合は、当事者同士の話し合いですから、弁護士の先生にご依頼する必要は

ございません。

いろいろな証拠があるようですから、調停でも大丈夫でしょう。

ただ、仮に裁判になる場合は、弁護士の先生が必要だと思います。

その場合、裁判費用は安いのですが、弁護士の先生の報酬額が高いので

裁判で、慰謝料として弁護士費用を入れることもできますが

全額が認められないのが現状です。

なるべく裁判にまではもっていかないことです。

生前の贈与も特別受益の対象となります。

不動産等は、贈与も怪しい感じもしますが

(実際に祖母様がそうしたのか)

相続財産の査定として入れていきます。

当然、お金を使い果たしていれば、不動産を売却してなどの対応もあり得ます。

まずは前述の内容証明から始めて下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご丁寧なご回答有難うございます。


教えて頂いた通り進めて行こうと思います。


 


ただ、まだ祖母の49日が済んでおらず、その時の香典を伯父さんに渡すべきか悩んでおります。


 


お葬式はもちろんの事49日も祖母のお金でやると言っていたので、出すのが当然とは思いますが、ここまでされたのに、のこのこ持って行っては、私達が怒っている事が半減するようにも思えますし、かといって当然食事などもするので、支払わないもの伯父さんと同じになってしまう?


 


調停などで不利になる可能性があるのなら、相続問題とは別と割り切って対応しなければなりませんね


 


この辺の兼ね合いが難しいですね・・・


 


何で伯父さんはこんな事をしたんだろうと本当に悲しい気持ちになります。


数少ない親戚で、兄の子供達相手に本当に大人げなく思います。


 


テレビとかではよく見る問題でまさか自分達が・・・


と本当に驚くばかりです。


 


 


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

香典自体は、相続財産ではありません。

基本的には、葬式を出した方への参列者の贈与となります。

普通は、喪主が管理をします。

葬式代に充て、余ったものは、お墓の建立など、今後の葬祭関連に

使うと良いでしょう。

そう言う意味では、今回の件は別として、伯父様に渡しておく方が無難でしょう。

伯父様の悪事に対して、誠実に対応したと言えます。

 確かに骨肉の争いと言うように

親族だからこそ、お金に関しては遠慮が無くなります。

他人だったら、遠慮してそんな悪事はできません。

どこでもあることです。それだけに遺言が大切だとも言えます。

主張すべきことは主張していきましょう。

大変でしょうが、頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

本当に何から何までご親切に有難うございました。


教えて頂いた通り頑張ってみます。


 


また、ご相談に乗って頂く時は宜しくお願い致します。

法律 についての関連する質問