JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2004年12月中旬に会社を経営している友達からどうしても資金が必要なので、来月には返済出来るので、貸して欲しいとの

解決済みの質問:

2004年12月中旬に会社を経営している友達からどうしても資金が必要なので、来月には返済出来るので、貸して欲しいとの依頼があり、390万円を用立てた。
翌月には返済もなく督促していたが、もう少し待って欲しいとの連絡のみであった。
2006年5月頃までに度々同じ内容にてお金を用立てた。
その後多少の返済がありったが、どうしても必要であると言ってお金を用立てた。合計850万円になります。
ずっと借用書を要求していたが、なかなか送ってもらえず2007年3月頃に 借用書は取り交わし分の2部受け取った。しかし、合計金額等をこちらで記載する様になっており、内容が了解出来るものではなかった為、訂正を依頼していたが、それ以降の訂正はなく、現在に至っている。また印鑑は押しているが印鑑証明はない。
2007年4月頃から定職についたので、定期収入があると思われる。定期返済を申し込んでいるが、口頭では「必ず返済する」と良い返事をするが、実際は「うそ」ばかりで最終2008年10月に5万円返済があったが、それ以降返済はない。残高は現在805万円です。

口頭やメールで返済を求めているが、返済してくれない。どの様に返済を求めて、返済してもらえばよろしいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

友達と言うことで、相手もなめてかかっているのでしょう。

いくら友達でも、お金のことはきちんとしないといけません。

借金には時効があるので、それを回避することをしないといけません。

債権は5年なので、2008年10月に支払があるので、今年の10月までには

何とかしないといけません。

まずは、内容証明で、借金の返済要求と返済方法の提示を要求します。

相手が、応じて分割でも返済できる約束ができれば

公正証書で、金銭消費貸借契約書を作成します。

公正証書で作成すれば、未払いの時に強制執行が可能です。

特に、相手が勤め人であれば、有効です。

内容証明や公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

応じない場合は、法的な手続きをすると主張して

簡易裁判所に、支払督促を申立てます。

その場合も、支払に応じなければ、強制執行が可能です。

支払督促は、裁判所の手続きなので

司法書士や弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答ありがとうございます。追加の質問をお願いします。


2004年に貸してから2007年まで度々貸していますが、その返済の最後が2008年10月です。時効期間5年は最終の支払いに対してでしょうか?


そうしますと、今年の10月までにもう一度いくらでも支払ってもらえば、5年延長されると考えれば宜しいでしょうか?


内容証明が無視される場合は強制執行する事を文書で知らせて、行えばよろしいでしょうか?これは弁護士等の専門家に任せて行えますか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

最終的に支払われたところから時効が始まると考えると良いでしょう。

法的には、10月の時効が完了するまでにされると良いでしょう。

直前では問題ですから、今からすぐにでも対応しましょう。

仮に、裁判等になって確定判決が出ると、時効は10年に延びます。

それは最後の手段で、やはり、協議で合意して

金銭消費貸借契約書を公正証書で作成することです。

料金的なことを考えると、内容証明や公正証書の作成は

民事法務専門の行政書士の先生がよろしいでしょう。

裁判等になるようであれば、弁護士の先生の出番です。

内容証明を無視するなら法的な対応をすると入れておくと良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問