JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

小学4年生がいじめなどの悪いことをして別室授業になった場合、もとにクラスに戻るためにはいじめを受けた側の親さんの許可

解決済みの質問:

小学4年生がいじめなどの悪いことをして別室授業 になった場合、もとにクラスに戻るためにはいじめを受けた側の親さんの許可がいるのでしょうか?学校からはそのように説明を受けましたが、どうも納得がいかないので質問をさせていただきました。
相手側には謝罪をしていますが、一緒のクラスには絶対させたくないということで、もとに戻れない状態が一か月ほど続いています。子供も学校に行きたくないといいだし、ちょっと罰則としてやりすぎではと感じています。

無期限でこのような状況が続くと考えると不安になってしまいます。法的にこのような罰則を回避することはできないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

いじめ等があった場合の対応は学校の裁量で決定するものですので、もとのクラスに戻るためにいじめを受けた側の親御さんの許可がいるといったことは法律で決まっておらず、あくまでも学校の判断として許可が無い限り戻さないという決定をしているということです。
もちろん相手の親御さんからそのような要望があったのかも知れませんし、相手の親御さんからのクレームを恐れてそのような対応にしているのかも知れませんが、戻す時期も含めて決定は学校が自らの責任においてすべきものですので、法律でその決定に介入して解決するという問題ではないです。

 

したがって対応としては法律を持ち出すのではなく、お子さんが学校にいきたくないと言い出している現状や、無期限でこのような状況が続くと考えると親御さんとしても不安になってしまうこと等を学校側に伝えて、期限を決めたり、学校の判断で戻すよう求めてください。
学校側がいじめというセンシティブな問題で相手方のお子さんや親御さんのことを第一に考えるのは無理もない部分はありますが、あなたのお子さんについても配慮が必要なのも間違いのないことです。既に反省や理解をしているにもかかわらず必要以上の罰則を与えるというのは適切な教育ではないですよね。
ご自身の思いを冷静に学校側に伝えるのが一番です。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


私も学校に期限を決めてもらいたいのですが、これまでの学校の対応からすると、相手からのクレームを恐れており学校が期限を決めて判断する、ということは絶望的な感じです。実際に相手の親御さんからは、同じクラスに戻したら私の子供を連れだす、とか不登校になったらどう責任をとるんだ、とか言われているそうで、確かにそういわれると学校としてもどうしようもできないと思ってしまいます。


学校からは十分反省もみられるし戻してあげたいといわれて言われており、現在の状況が必要以上の罰則ではないかと考えてしまいます。必要以上の罰則が続いたとしても、やはり法的にはどうすることもできないのでしょうか?繰り返しの質問になってしまうかもしれませんが、どうにかこの状況を打破したく思い、お手数おかけしますがよろしくご回答お願いします。


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

例えば別室に隔離され授業を受けさせてもらえないといった状態にあればあなたのお子さんの教育を受ける権利を侵害しており違法であると言えますが、お書きいただいた内容からすると授業は行われ学校側も一定の配慮をしており、裁量権の逸脱といえるような違法な状態とまでは言えません。

 

もしどうしても状況を打破したいとお思いであれば、このような手段はお望みではないかもしれませんが、相手の親御さんと同じように「子供が不登校になったらどう責任をとるのか」と学校に詰め寄るとか、学校で不適切な指導がされており直接言っても是正されないので指導して欲しいと教育委員会に相談をするといった法律とは離れた「交渉」により学校に圧力をかけて考えを変えてもらうしかないでしょう。
もし仮に法律でどうにかできるとしても、それも学校側に強制的に考えを変えさせるという点では交渉で圧力を加えるのと同じことですから、手段の方向性は同じです。

 

穏便にということであれば、根気良く学校側や相手方の親御さんと話して理解を求める以外の方法は残念ながら無いと思います。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問