JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

「受任通知」というものが昨日千葉市の石川英夫法律事務所というところから郵送されてきました。依頼主は主人の名で離婚請求

解決済みの質問:

「受任通知」というものが昨日千葉市の石川英夫法律事務所というところから郵送されてきました。依頼主は主人の名で離婚請求事件の受任通知でした。現在子供は2人。 主人と主人の両親と同居しています。書面には本人とは直接話せないとの内容で、本人に尋ねても弁護士に連絡して話すようにの一点張りで、突然のことでどうしたらいいのか混乱しています。事情を聞きたいので事務所においでください、都合を連絡くださいとありました。
何もわからぬまま、連絡をしてしまうことが怖くて、連絡をすぐに私がするべきなのか、私も弁護士の方を通して話をした方がいいのか・・。これをどう判断して、対応したらよいのかわからず相談をさせていただきました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

>現在子供は2人。 主人と主人の両親と同居しています。書面には本人とは直接話せないとの内容で、本人に尋ねても弁護士に連絡して話すようにの一点張り

同居しているのに、話せない状況ということでしょうか。

そうだとすると、精神的におつらいですね。

お察し申し上げます。

>何もわからぬまま、連絡をしてしまうことが怖くて、連絡をすぐに私がするべきなのか、私も弁護士の方を通して話をした方がいいのか・・。これをどう判断して、対応したらよいのかわからず相談をさせていただきました

離婚請求事件の受任通知ということですから、

離婚の協議もしくは調停ということでしょうが、

離婚に関して、なにか心当たりはございますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

今までずっと、夫婦の間で意見が食い違うことがあると「離婚だ」と大声で怒鳴り、奇声を発し、壁やドアなどを殴りつけ私は何も言えなくなり話し合いはそれで終わる。ということの繰り返しでした。暴力的な行為に対して私は以前精神科に通っていました。


私が、我慢すればその場は収まるので子供大きくなるまではと思っていました。


子供が小さかった頃、7人家族で、同居していた義理の姉とのトラブル、寝たきりの祖母と痴呆症の祖父、義理の母の姉妹の自宅介護を巡る争いの毎日が嫌で、遅くに家に帰ったり、人に相談に乗ってもらっていました。それを「不貞行為をした」といわれ、意見が合わず言い合いになるたびにそのことを言われ、それから10年夫婦関係はありません。


子供のことでも、自分の思い通りにならないと「おまえのせいだ」とものを殴りつけたり、奇声を発したり。子供の前ではやめてほしいといっても、子供にも感情を抑えられずに同じようなことをするので、子供たちは毎日を不機嫌にさせないように気を配りながらいるのです。


ところが最近では、中学生になった長男は反抗的な態度や発言をするようになり、長女も思春期特有の父を疎ましく思う態度をしてしまったり。


こんなに自分(主人)は頑張っているのに自分のことを傷つけるのか。そっちが悪いのに俺のせいにすると子供たちにも怒鳴り散らすことも多くなっていました。


子供たちも大きくなってきたので、今の場所では手狭になってきて不便なこともあり、家を建てて引っ越そうと以前から相談していました。主人はこの家を離れられないと反対していました。私が家を建てるし、家に関する資金や生活も頑張る、じゃあ子供にかかるものぐらいは出してもいい。ということになり、家に関しては主人には負担はかけないと話をし、距離が10キロほど今の家から遠くなるので俺は毎日はいかない、この家(両親と同居)のこともやっていくということで、話は進めていきました。


それが、2月1日の日に「車の中に封筒が入っているからみるように、離婚の申請をした」と電話がかかってきました。「


強引に家のことも進めて勝手すぎる。話はすべて弁護士にしてあるので、連絡をして聞くように」「この件に関して話はしないことになっている」という事態です。


 


 


 


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


今までずっと、夫婦の間で意見が食い違うことがあると「離婚だ」と大声で怒鳴り、奇声を発し、壁やドアなどを殴りつけ私は何も言えなくなり話し合いはそれで終わる。ということの繰り返しでした。暴力的な行為に対して私は以前精神科に通っていました。


私が、我慢すればその場は収まるので子供大きくなるまではと思っていました。


子供が小さかった頃、7人家族で、同居していた義理の姉とのトラブル、寝たきりの祖母と痴呆症の祖父、義理の母の姉妹の自宅介護を巡る争いの毎日が嫌で、遅くに家に帰ったり、人に相談に乗ってもらっていました。それを「不貞行為をした」といわれ、意見が合わず言い合いになるたびにそのことを言われ、それから10年夫婦関係はありません。


子供のことでも、自分の思い通りにならないと「おまえのせいだ」とものを殴りつけたり、奇声を発したり。子供の前ではやめてほしいといっても、子供にも感情を抑えられずに同じようなことをするので、子供たちは毎日を不機嫌にさせないように気を配りながらいるのです。


ところが最近では、中学生になった長男は反抗的な態度や発言をするようになり、長女も思春期特有の父を疎ましく思う態度をしてしまったり。


こんなに自分(主人)は頑張っているのに自分のことを傷つけるのか。そっちが悪いのに俺のせいにすると子供たちにも怒鳴り散らすことも多くなっていました。


子供たちも大きくなってきたので、今の場所では手狭になってきて不便なこともあり、家を建てて引っ越そうと以前から相談していました。主人はこの家を離れられないと反対していました。私が家を建てるし、家に関する資金や生活も頑張る、じゃあ子供にかかるものぐらいは出してもいい。ということになり、家に関しては主人には負担はかけないと話をし、距離が10キロほど今の家から遠くなるので俺は毎日はいかない、この家(両親と同居)のこともやっていくということで、話は進めていきました。


それが、2月1日の日に「車の中に封筒が入っているからみるように、離婚の申請をした」と電話がかかってきました。「


強引に家のことも進めて勝手すぎる。話はすべて弁護士にしてあるので、連絡をして聞くように」「この件に関して話はしないことになっている」という事態です。


受任通知というものが入っていました


 


 


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 はっきりした離婚原因がないのに、離婚申請(申請ではなく申立でしょう)するといきまいている、そういうのに限って、「後は弁護士を通して」と、花札勝負みたいにいってくるわけですね。

 

 別に接見を禁止されたからといって、それに従わなければならない道理もありませんし、のこのこ法律事務所に出かける必要もありません。

 

 ほおっておいてください。

 

 そのうち離婚調停の申立がくるでしょうから、それから、応じても遅くありません。

 

 自分に責任があるもの(有責配偶者)から離婚を申請できないという大原則がありますので、心配ありません。

 

 相手方弁護士Aのところへ行って、「自分は悪くない」「許してください」というのもみっともないことです。

 

 質問者様も弁護士Bを雇うとなると費用が発生しまして、それで桶屋がもうかるという仕組になっています。

 

 Aは用心棒代わりに雇われているのです。

 

 万が一に備えて、上述の家庭の諸事情をまとめておかれることをおすすめします。調停では陳述書にこれを転記すればよろしい。

質問者: 返答済み 4 年 前.


では、私の方でこれに応じず、無視をしているとどうなっていくのでしょうか?

「離婚調停を申したてがくる」とありましたが、私は弁護士を立てずに対応できるのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

では、私の方でこれに応じず、無視をしているとどうなっていくのでしょうか?


「離婚調停を申したてがくる」とありましたが、私は弁護士を立てずに対応できるのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

では、私の方でこれに応じず、無視をしているとどうなっていくのでしょうか?


「離婚調停を申したてがくる」とありましたが、私は弁護士を立てずに対応できるのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 申立には受任とは別にまた弁護士費用も発生しますから、けいけいにはないと思いますが、訴えてきた場合には、調停に応じたらよいと思います。

 

 第三者の立場で裁定してくれます。

 

 弁護士を立てた場合でも、調停委員は本人に聴取することが多いものです。司法書士等に陳述書を書いてもらう、想定問答集を作成してもらう、など費用を節約することも可能です。

質問者: 返答済み 4 年 前.


対応策として,弁護士を立てるのと,今書いていただいたように司法書士のかたにお願いするのとどちらの方がいいのでしょう?具体的に教えていただきたいのですが。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 弁護士受任 メリット:1際限ない不安から解放される、2自分では何もしなくてよい デメリット:1費用が発生する(着手金+報酬金を覚悟してください) 2弁護士を委任したからといって勝てるとは限らない(イザフタをあけたら、お金だけとられて何もしてくれない状態) 3先生により当たり外れがある 

 

 司法書士受任 メリット:1費用が(弁護士に比べ)低額、2本人訴訟なので依頼心をなくし独立心がつく   デメリット:1先生により個人差があるので当たり外れがある(熱心な先生なら調停にも付き合ってくれるが、中にはムチャクチャな訴状しか書けない先生もある) 2司法書士には代理権がないので依頼者自分で動かなければならない

 

 相手方が弁護士を立ててきた場合は、被告も弁護士を立てることが多い(ストレスのため)のが実際です。

 

 一番重要なのは、弁護士云々より調停委員、裁判官をどう書面で説得するかですね。

 

 

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問