JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

22才の息子についてのご相談です。今大学4年生で3月に卒業予定です。コンビニでアルバイトをしていましたが、お客様が忘

質問者の質問

22才の息子についてのご相談です。今大学4年生で3月に卒業予定です。コンビニでアルバイトをしていましたが、お客様が忘れていったTポイントカードを使って自分の働いているコンビニで数百円のお弁当を買い、オーナーに見つかりました。他にも販売時間を過ぎた廃棄弁当を持ち帰ったことが数回あるようです。オーナーに謝罪の電話を入れたところ、「事態は ご両親が思うほど簡単ではない。これは立派な窃盗であり、従業員が窃盗を働いたことが原因でコンビニのフランチャイズ契約を解除される可能性がある。」と言われました。成人しているので、Tポイントカードの持ち主に被害届を出されてしまったら遺失物横領罪の罪に問われることは承知しており、罪として受け止める覚悟はできているようです。ただ、オーナーが「自分にも生活がある。」と言ってきていることに不安を感じています。もともとオーナーの接客には問題があり、そのことで昨年フランチャイズ契約を打ち切られそうになったとの経緯もあるようです。今回息子のやったことが決定打となり契約打ち切りになってしまったら、息子はオーナーに対して損害賠償をしなければならなくなるのでしょうか。まだ何も言われてはおりませんが、今週末にオーナーのところに親として謝罪に伺う予定です。損害賠償を求められたら第一段階としてどのような対応が望ましいのでしょうか。息子は独り暮らしをしており、実家とは450㎞離れているので、何度も話し合うことは難しい環境にあります。今後話が大きくなってしまった場合はどこに相談すればよろしいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

まず、息子さんは成人しておりますので、法律的に言えば親御さんが出る幕ではなく、
ご本人が矢面に立つべき事案です。
いつかは息子さんが話し合いの場に出てくることになるでしょう。

次に、成立する罪ですが、遺失物横領罪ではありません。
客が忘れていったといってもお店の管理に属しますから、
店長のいうとおり窃盗罪か横領罪が成立します。

>今回息子のやったことが決定打となり契約打ち切りになってしまったら、息子はオーナーに対して損害賠償をしなければならなくなるのでしょうか。

賠償は必要です。
しかし、解除となった100%の責任があるわけではないでしょうから、
一部負担とするのが妥当でしょう。
どのくらいの割合が妥当かは、その店長の態度がわからない者には回答できません。


>損害賠償を求められたら第一段階としてどのような対応が望ましいのでしょうか。

払える額であれば払った方がいいですね。
払わないでいると、刑事告訴に発展し、大学での処分までありえます。


>今後話が大きくなってしまった場合はどこに相談すればよろしいでしょうか。

本件は法律問題ですから、法律事務所=弁護士に相談するのみです。
他の相談機関はありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


成人している場合、親はどこまで関与するべきなのでしょうか。まだ学生なので、先方は父親との話し合いを希望しています。


損害賠償での払える額とは息子が払える額?それとも世帯として払える額?


今週とりあえず話し合いに伺おうかと思うのですが、最初はどのような切り出し方がいいのでしょうか?迷惑を掛けたことは間違いないので、賠償の事を言われなければ、菓子折と現金3万円ほどで謝罪しようと思っていました。でも、あまり先手を打っても心証悪くなりますよね。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そうなるでしょうね。

法律上は、息子さん単独の問題ですが、賠償能力がないので親御さんが出て行くことになるのは仕方ないことでしょう。

払える額は、世帯で考えてください。
もちろん、この払える額とは裁判で支払を命じられる額とは違います。
裁判の方が高額になるでしょうが、
相手も裁判をわざわざするのは手間でしょうし、
その手間を逆手にとって安く抑えてしまおうという戦略です。

ただ、あまりに低額を提案すると、交渉の余地がないとしていきなり裁判、
最悪刑事告訴ということになってしまいます。

そうですね。
3万円はちょっと安いかな、という気がします。
私が被害者に弁償するときは、基本10万スタートです。
もちろん、被害の程度によりますので、
息子さんからどのくらいの被害を与えてしまったのかを十分に聴取してください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

どうもありがとうございます。参考になりました。最後に教えていただけるならご回答お願いしたいのですが、


まず、初めてお会いしたときのこちらの態度として、オーナーが損害賠償を要求してくるこないに関わらず10万を携えていった方が話がスムーズにいくと思われますか?


オーナーに与えた実質損害金額はゼロで、お客様が忘れていったポイントカードで買った金額は数百円です。ただ、バレるのを恐れてポイントカードを破棄してしまっています。


親としては、オーナーが受けた精神的損害に対して謝罪し、慰謝料の意味で相応の金額を支払うつもりでおります。


もし、支払える金額の要求で示談が成立した場合は、示談書を取り交わした方がよろしいのでしょうか。


 


 


本来ポイントカードの持ち主にもきちんと対応すべきことですが、相手が不明の今はまだその先まで考えることができずにおります。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど、その程度であれば10万未満で抑えたいですね。
3万円+菓子折とおっしゃったのも納得できます。
そうすると、きりよく5万あたりが妥当でしょうか。

示談書を交わした方がいいのは、そのとおりです。

・本件について、**(店長またはお店)と**(息子さん)との間に何らの権利義務関係がないことを確認する。
・本件について、**氏を刑事告訴しないことを誓約する。
という条項を入れておけば安心です。

最初からお金を提示した方が・・・という点は難しいですね。
最初に5万を提示すると、5万がスタート地点になってしまい、
相手はそこからの増額を要求してくるでしょう。
要するに、スタート地点をどちらが設定するかという話になります。
結局のところ、こちらは賠償する側ですから、早々に賠償の意思として何万円かを提示する態度を示した方が無難と考えます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速な回答をいただき感謝しております。まだオーナーに会っていないのでどんな方なのか不安はありますが、こちらの心の準備が少しできました。息子がしたことが犯罪であることは間違いないので、誠意はお伝えしたいと思います。ありがとうございました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
とにかく、息子さんに前科をつけないことが大事です。

がんばってください。

法律 についての関連する質問