JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

不貞行為をはたらいてしまった夫です。 不貞の相手の女性が、妻と接触し、事の成り行きを暴露しました。 その話を妻に

解決済みの質問:

不貞行為をはたらいてしまった夫です。
不貞の相手の女性が、妻と接触し、事の成り行きを暴露しました。
その話を妻にする前に、妻に次のような一筆書かせました。
「今からの話を聞いても私(不貞相手)を訴えることはしません。 署名」
彼女のメモ帳に書かされたそうです。
妻は事実を聞いて、場合によっては自分と不貞相手を訴えたいという考えをもっていますが、
そのメモは訴訟を起こす際に、障害になるのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

「今からの話を聞いても私(不貞相手)を訴えることはしません。 署名」
という程度のメモでは効力はあまりないと考えられます。
上記の内容では、「何の件について」訴えることはないのかという具体的な表記はあ りません。訴訟をしないということは一種の契約ですから、何の件にについて訴訟をしないのかを具体的に特定する必要があります。
今回の内容ではかなり曖昧な表現ですから言い逃れをされる可能性があります。

したがって、妻が不貞相手を訴えた場合にメモ帳の存在があったとしても、障害とはならないでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問