JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4608
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚、親権問題で現在裁判中です。妻は私に子どもを保育所に預けてないと嘘を言って、実際は預けていたのを指摘した事が

解決済みの質問:

離婚、親権問題で現在裁判中です。 妻は私の間にはその当時、10か月の長男がいました。昨年の6/26に子どもを保育所に預けてないと嘘を言って、実際は預けていたのを指摘した事がきっかけで、別居が始りました。 始めは妻が子どもを連れて出て行ったのですが、もともと予定していた私の実家への里帰りの時に長男と私と二人で帰る事ができ、その後、東京に戻っても二人で暮らしています。


妻は2度自宅に話し合いに来ましたが、私の言葉を一切聞かずに長男を連れて帰るわけでなく、婚姻費用や慰謝料の請求をしてきました。


妻の家庭環境には非常に問題があるので、長男はそのまま私が育てています。 妻の離婚の理由は生活費を十分渡さない、暴力をふるわれるとの事でしたが、全く身に覚えの無い事で、探偵を使って調べたところ、 別居前に診療してもらった妻子ある医師と不倫関係にあり、都内の実家に戻るわけでなく、不貞相手の病院のすぐ近くにワンルームマンションを借りてひとり暮らしをしています。 それでも、子どもが1才5ヶ月と言う事もあり、母親が有利なようで、現在、裁判に負けて、あと5日で長男を返さないといけない間接強制が決定してしまいました。 ただ、長男は私に非常になついており、寝言でもパパと言うくらいです。また、別居から7カ月間が経ちましたが、食事、入浴など全ての面倒を私が見ている状況です。 なんとかこのまま長男と暮らしていくことは出来ないでしょうか。 私は浮気もしていませんし、子どもを必要以上に保育所に預けているわけでもありません。


ただ、業務の都合で東京から大阪に長男と昨年の11月に転居した事、妻側は私がむりやり長男を連れ戻したことになっている事が私を不利にしているようです。


もちろん母親有利の原則が最も重視されています。


私の暴力、生活費を渡さない、無理やり子どもを連れ去った事など、全て妻の虚偽報告です。


私は育児放棄している事を指摘し、置いて行かれた長男を必死に監護最優先で生活してきたのに、慰謝料1000万、財産分与1000万、婚姻費用30万、長男を期限までに返さなければ一日15万の遅延損害金を払えなど、とにかくお金目当てなのです。


お金も支払うと弁護士経由で提案しましたが、親権は譲れないとの事でした。


私は長男と二人で幸せに暮らしたいだけなのです。


ここまで虚偽、不当な請求をされても父親が親権を取ることは難しいのでしょうか。


このような問題を解決できる良い弁護士はいらっしゃいませんでしょうか。


何卒よろしくお願いします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況と思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご確認ですが、家庭裁判所の調停ではなく、家庭裁判所の裁判になっていると

言うことですね。

調停前置主義で、離婚問題は、先に調停をしないといけません。不調になったと言うことですね。

ご相談者様がおっしゃる条件であれば、いくら母親が有利とは言え

(だいたい調停では9割方は母親になります)

一般的に男性側に親権等がいく、1割の考え方は、母親のお子様に対する虐待(DVやネグレクト<育児放棄>)

があり、男性側に単独で養育実績がある場合です。

そう言う意味では、ご相談者様に親権が認められても良い感じですが

裁判になっても、弁護士の先生に代理交渉をご依頼しなかったのでしょうか?

ご相談者様がされているDVと言うのは、事実でなくとも、DVや痴漢やストーカーは

女性側有利で、覆すための証拠を出さないといけません。

裁判等は言ったもの勝ちもあり、嘘でもあることないこと、それを否定できないと

難しいのです。そこが裁判の戦略になってきます。

離婚専門の弁護士と言うのは、実際にはいません。

離婚業務自体が、お金にならないので避けられてしまいます。

ただ、奥様が、不貞行為をしているのですから、本来は、慰謝料の請求も

あり得ます。そこでの交渉は出来なかったのでしょうか?

児童相談所や市区役所の子どもファミリーサポートセンターなどにはご相談されて

いますでしょうか。

こちらのサイトでは、弁護士の先生の個別のご紹介はできませんが

東京都の弁護士会にご相談してご紹介いただくか

区市役所の無料相談の弁護士の先生にご紹介をいただいてはどうでしょうか。

法テラス東京は、年収制限はありますが、一度確認はされても良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

始めに妻側(相手側)から協議離婚を提案されましたが、調停で双方が合意せず、まだ結論が出ていません。そして、調停が進んでいる間に妻側から監護権の裁判を起こされました。


DVに関しては妻が診断書を出してきていたので、私は私と妻の共通の知人にお願いして、何の異常も無い知人に同じ病院に行ってもらい、診断書を書いてもらって、証拠として提出しています。


慰謝料に関しては、妻は浪費家で貯金が無く、子どもを授かってから仕事も休んでいたので、取れないと思っています。また、不貞相手が妻子ある開業医ですので、不貞相手に訴訟しておりますが、関係は離婚の相談を受けているうちに、別居後に深い関係になったので、支払う必要が無いと相手側の弁護士から回答がありました。


探偵を使ったのは別居後なので、それを逆手に取られているのです。


親権に関しても、初診の記録、私との不仲になった時期、妻がその病院に転職して、ひとり暮らしを始めた時期などを証拠として提出していますが、不貞と親権は関係ないとの裁判官の判断で、一切考慮されておりません。裁判官の名前で検索しましたが、過去の判例(性同一障害の親と認める裁判を担当していました)もそのような通例に沿ってしか判決をしない方です。


最高裁まで行けば裁判官が変わって、多少見込みはあるかもしれませんが、私の担当弁護士も頑張ってくれてはいますが、いつでも辞任するとか、ここまで来て、負けているのに、裁判官や調査委弁護士の至らないところを指摘するばかりで、そのような人にどうやって理解させるのかが弁護士の仕事だと思いますと言っても聞き入れてくれません。


市区役所も相談しましたが、公的機関なので、明確な具体的な指示は頂けませんでした。


おそらく、親権をつるには、あと一度きり最高裁でどうなるかだと思います。法テラスにも確認しましたが、受任中の弁護士がいる場合は相談出来ないと言われました。ただ、解任してもしも他の先生がみつから無い時はどうし様も無くなるので、先に「父親に幼児の親権を取った事のある」実績のある信頼できる弁護士を見つける必要があると思い、相談させてもらいました。


妻を選んだのは私ですが、価値観の相違や育児ストレスがあるとしても、ふるっていない暴力、高額な慰謝料・婚姻費用・財産分与などを請求され、実際は不貞を働き、別居して早々に深夜に遊びに出か けたり、不貞相手と旅行したり、実家ではなく不貞相手に家賃を払わせて子どもと暮らせるような家ではなく、ワンルームマンションに別居後すぐにひとり暮らしをしながら、実家で暮らしているので祖婦母の監護支援が受けられると主張している妻に何故、親権を取られるのでしょうか。若い母親が子どもを放置したり不貞相手に虐待される事件が相次いでいるのに、ここまでの事を証拠として提出しても、父親は親権を取れないのしょうか。私は弁護士の技量の違いではないかと感じているのです。なんとか優秀な弁護士をご紹介して頂けないでしょうか。何卒、よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、離婚調停が長引いているので監護権だけ先に裁判をしようと言う

特殊な例だと思います。

診断書の話は、多分、無理にそうさせたのでは無いかと言う憶測を生んでいる可能性があります。

裁判官は心証主義をとりますので、かなり奥様側に有利な展開になっていると

思います。

また、別居後の不貞行為は慰謝料請求が出来ないと言う対応で

本来は、夫婦関係が破綻していると言うのは証明が難しいのですが

奥様が強くそれを主張して、裁判官の心証もご相談者様に対して悪いので

そう言う判断をされてしまうのでしょう。

かなり計画的に練られた法定戦術のようにも思えます。

また、親権に不貞行為は一切影響はしません。経済的な問題もそうです。

 今後、控訴しても、新しい証拠がないと控訴棄却される可能性が高いですし

最高裁に上告するのは憲法違反の問題がある時だけで

事実上、今回の判決で決まってしまう可能性が高いと言えます。

そう言う意味では、現在一人の弁護士の先生で対応してもらっているのであれば解任して

お金がいくらでも出せるなら、大手の弁護士事務所で

弁護団を作ってもらって対抗するしかないでしょう。

最大手の弁護士事務所は、弁護士を400人は抱えています。

ネットでご確認してお問合せしてみてはどうでしょうか。

少しでも多くの弁護士の先生の知恵を結集して戦うしかないでしょう。

本当の、優秀な弁護士事務所は、証拠を集める能力にたけています。

相手を覆す証拠をひっぱってこれるかもしれません。

ただ、お金は相当かかると思いますが

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問