JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

職場環境の問題について、人事部長と話し合いをしています。 これから提起しようとしている問題の一つに、部内でサー

質問者の質問

職場環境の問題について 、人事部長と話し合いをしています。

これから提起しようとしている問題の一つに、部内でサービス残業を自主的に行うことが常態化していることが
あります。
上司は、朝礼や部内会議でサービス残業をしないよう周知していますし、当事者に対し個別で注意をしたと
言っていますが、ほとんど改善が見られませんので、人事に上司を厳しく指導するよう要求する予定です。

しかし、会社の就業規則で「給与計算の基礎となる事項に関し不正行為をした者」は処分の対象と
規程されていました。
出勤簿改ざんの事を指しているのだと思いますが、サービス残業も該当するように思えます。


サービス残業を行ったことで、上司だけでなく当事者も訓告などの処分を受ける事はあり得るのでしょうか。


もしもサービス残業が処分の対象に成り得るのでしたら、私はサービス残業を行っている当事者たちから
恨みを買いそうで不安です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

早速、回答させていただきます。

 

結論から申し上げると、サービス残業を行った当事者が就業規則の「給与計算の基礎となる事項に関し不正行為をした者」を根拠に処分の対象となることは考えられません。

「給与計算の基礎となる事項に関し不正行為をした者」は貴方の仰る通り、出勤簿の改ざん等を指していると思いますが、これは残業をしていないのに残業をしていたことにして、残業代の支払いを受けている者に処分を行うための条文だと考えられます。

サービス残業であろうが、会社には残業代の支払い義務があります。

従業員が勝手に残業をして、残業代の支払いを受けているのであれば、会社としてはまず、従業員の管理ができていない上司を指導の対象とするべきです。

もっとも、上司が個別に注意をしているにも関わらず、それでも従業員が勝手に残業をしているのであれば、従業員も指導の対象となり得ますが、まずは、口頭注意程度からであると考えられます。

いずれにせよ、前述の就業規則の条文をもとに処分が行われることはないでしょう。

従業員の労働時間を管理できない上司に責任があります。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問