JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

弁護士の先生にご相談したいです。要は従兄弟の部屋のものを今の状況で従兄弟の承諾なしに売ったりできるのかお聞きしたいで

解決済みの質問:

弁護士の先生にご相談したいです。要は従兄弟の部屋のものを今の状況で従兄弟の承諾なしに売ったりできるのかお聞きしたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

他人の物を他人の承諾なく売る行為は、

所有権侵害行為として、民法上、不法行為となりますし、

刑事上は、窃盗もしくは横領になります。

 

たとえ、祖母が提供したものとしても、それは贈与されたもので、いとこに所有権があるということになってしまいます。

 

ですから、現在のところは、適法な行為をしたいということであれば、そのような行為は、弁護士としておすすめできません。

 

 

ただし、財産を売却することもどうしようもないというように法的に評価できるような状況となれば、売却しても、民法上違法とまでは、言えません。

また、刑事上は、いとこの逃走および所在不明が長期間にわたれば、事実上所有権を放棄していると評価できますので、他人の物を売ったということになりませんので、特に問題はないでしょう。

 

具体的に、どこまでの状況になれば、100%安全つまり違法ではないとは、なかなか申し上げることはできません。

祖母の状況と勘案して、もういとこの所在を確認するまでまてない、という状況になってから行動されたほうがよいでしょう。

 

なお、売却にあたっては、部屋の写真等を記録に残しておくこと、売却する際には買主から売却物品の明細とその金額をきちんともらっておいてください。

これだけすれば、いとこが、買ってにうられたと損賠賠償請求してきても、その額は、その売却額で済みますし、その請求と借金を相殺して払わないということも主張できますから。

 

以上が回答なのですが、不明な点等ございましたら、遠慮なくご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問