JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

平成16年に父のDVで母が倒れました。その時糖尿病でした。殴られたショックか脳梗塞になり母の看護が必要になりました。

解決済みの質問:

平成16年に父のDVで母が倒れました。その時糖尿病でした。殴られたショックか脳梗塞になり母の看護が必要になりました。私と兄弟2人で話合いましたが、誰も面倒を看ることができません。弟二人は、面倒をみないと逃げてしまいました。当時は、安い老人ホームも無く入居金が750万の所しか空いていませんでした。それで、教師をしている私は、現金の箪笥預金500万円を足して母の貯金250万円で母は有料老人ホームに入居したのです。幸い母は、手厚い介護ですっかり回復しもう少 し安いホームに2年後変われました。平成25年まで両親は、別に暮らしています。今日まで両親の生活費は、私が足してきました。(月5万円ぐらいです。)けれども私も後2年で退職となり足すことが困難になりそうです。両親とは、後見契約を結んでいます。ここにきて困っているのは、弟が定職を持たず年金暮らしの父からお金を持っていくことです。また悩んでいるのは、貸した500万円が、どうなるのかという事です。父から借用書みたいなものは、書いてもらっています。父が危なくなった時父名義のマンションが弟たちのものになると母の年金だけでは食べていけません。それでマンションを人に貸して食べていってもらおうと私は、考えています。できれば生前贈与してもらって私が管理して母を守りたいのです。分からないのは、父に貸した500万円には、贈与税がかかってしまいますか?銀行間のお金のやりとりが無いので・・・。また、父がマンションを私に託すと言ってますが、何をどのように手順をふめば良いのでしょうか。分からないことばかりです。教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い申しあげます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはご家族のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

まず、お母様の件ですが、回復がどのようなものかにもよりますが

成年後見制度を利用していても、判断能力が少しでも回復できるなら

遺言や財産管理契約を公正証書で作成していくことです。

それが出来ない場合でも、ご相談者様が成年後見人等であれば

財産の管理はして構わないので、家庭裁判所にご相談して、賃貸マンションの契約を

進めた方が良いでしょう。それはあくまでお母様達のためであり

弟様が、財産に口出しできることは、相続が発生するまでありません。

次にお父様の件ですが、これもお母様と同じで、成年後見制度を利用されても

判断能力が回復するなら遺言の作成等できます。

そうで無い場合は、500万円は借金で借用書があるなら、家族間でも贈与には

なりません。ただし、贈与かどうかの判断は税務署なので、なるべく効力のある

金銭消費貸借契約書を公正証書で作成する方が望ましいでしょう。

返済の仕方も大事です。

お父様のマンションは、トラブルを避けるのであれば管理委託契約をすることです。

この辺りは、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼しても良いでしょう。

最後に、弟様のことですが、相続時に必ずもめるような要素をもっています。

現在も、お父様からお金をもらっているようであれば、問題です。

それは記録しておいて、特別受益として、持ち戻しの対象にしましょう。

一つは、後見人としての、ご相談者様の立場を軽んじている部分もございますので

お金がかかっても、司法書士の先生のような専門家を複数後見人としてご依頼するか

家庭裁判所に、後見監督人を指定してもらうかした方が良いでしょう。

できれば、弟様に生前の遺留分放棄をしてもらうなり

弟様の最低限の遺留分を補償した遺言をご両親様に作成していただくことです。

このあたりも前述の専門家にご依頼されるとスムーズに進むと思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

大変良く分かりました。有難うございます。後見契約で月3万円私に支払うと契約書に入れてくれました。けれども、面倒をみるとそのようなお金は、貯金を崩すしかなく、実際には、私が、お金を 足さないと回っていきません。また、両親が幸せに生きてもらうのが私の気持ちです。ただ、嫁ぎ先のお金を使っているので、(両親んの家の改築資金や入院や手術代金合わせて1000万円位です。)父も母も全てが終わって貯金が残っていればそれを返して頂こうかと考えていました。けれども両親が亡くなると相続問題が発生することが分かりました。これも両親に遺産相続に関する遺言書を書いてもらえば良いですか。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

後見契約で3万円と言うことは、任意後見契約でしょうか?

法定後見で親族の場合は、無償の場合も多いのですが。

遺言が作成できるなら、その辺りの借金のことも入れておくと良いでしょう。

相続問題は、少しでもお金が残れば、弟様が遺留分など騒ぐことかもしれません。

その場合は、すでに特別受益で渡しているとの主張になるでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問