JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

昨年親父が亡くなり相続に関しての質問です。 相続人は、お袋と兄妹の3人ですが遺言公正証書があります。 でも遺言が無か

解決済みの質問:

昨年親父が亡くなり相続に関しての質問です。 相続人は、お袋と兄妹の3人ですが遺言公正証書があります。 でも遺言が無かったものとして 相続人3人で 遺産分割協議は 出来ますか?   ちなみに遺言証書には 全て長男にと書かれてあり 執行者も長男となっております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。


公正証書遺言がある場合、遺言がなかったことにはできません。

遺言が公正証書で作成されているなら、公証役場に同じものがもう一通保管されており、「遺言はなかった」という言い分は通用しないからです。

したがって、相続は遺言によるのであって遺産分割協議はすることはできません。

遺産は長男が相続することになります。

ただし、長男以外の法定相続人は遺留分を主張することができます。
この場合の遺留分は母親が1/4、子どもが1/12ずつ主張できます。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問