JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

福島県南相馬市の賃貸に住んでいて、引っ越し先が決まるまでは今の部屋に住み続けたいと思っております。 しかし1週間前

質問者の質問

福島県南相馬市の賃貸に住んで いて、引っ越し先が決まるまでは今の部屋に住み続けたいと思っております。
しかし1週間前に大家さんから弁護士さんを通し、今月末までに立ち退きするようにとの連絡を貰いました。
そこで急いで引っ越し先を探しましたが、現在、市内及び南相馬周辺地域(市内にある私の職場から通える範囲)には原発事故の影響ですぐに引っ越せるアパートの空き室は皆無です。
つまり、来月から住むところがありません。

立ち退き理由は不法占拠とありました。
毎月家賃は支払っておりますが、先月分は返されてしまい、今月分は未払いです。
(お金の準備はしてあります)

現在は姉と私の二人暮らしですが、以前は姉が恋人と一緒に今の部屋に住んでいました。
姉が恋人と別れたので2年半前から私が姉との同居を始めました。
部屋を借りた時の名義は別れた姉の恋人で、彼の荷物は今も部屋に置き去りです。
先月、大家さんから名義人変更の書類を戴いたのでその際私の名義に変更したばかりです。

引っ越し先が決まるまで今の部屋に住み続けることは不可能なのでしょうか?
仕事は続けたいので遠くに引っ越すことは難しく、困っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

先月に賃貸借契約をあなたの名義に書き換えたのにもかかわらず大家さんが不法占拠と言うのは、何か他に不法占拠と言われてしまうような事情に心当たりがあるのでしょうか?
もし心当たりがなければ、大家さんの立ち退き請求自体が不当なものである可能性が高いです。
その場合はそもそも立ち退く必要はありませんので、先月名義変更した賃貸借契約に基づき正当に借りており、不法占拠ではないので立ち退かないと堂々と主張してください。

ただし、家賃については相手が受け取らないからといってそのまま数ヶ月支払わない状態が続いてしまうと契約を解除される理由になってしまいますので、必ず家賃を大家さんの代わりに法務局で預かってもらう「供託」という手続きを取る必要があります。
供託手続はそれほど難しいものではありませんので、賃貸借契約書等の契約内容の分かるものを持って行けばご自身でも手続きができると思います。
管轄の供託所は法務局の相馬支局です。
http://houmukyoku.moj.go.jp/fukushima/table/shikyokutou/all/souma.html
供託の手続が難しくご自身でできない場合は司法書士に依頼すれば代わりに行ってくれます。
また今後の大家さんへの対応についてもアドバイスが受けられるでしょう。

もし大家さんの立ち退き要求が正当なものである場合でも、借主を強制的に立ち退かせようとする場合、まずは裁判を起こして裁判所に立退きを認める判決を貰い、それから裁判所の執行官に強制的に立ち退かせる手続きを取って貰うという流れになります。
借主が自主的に立ち退きをしない場合に、大家さんが自分で勝手に借主の荷物を運び出してしまったり、鍵を変えて閉め出したりすることはできないのです。
裁判で相手の要求について争わなくても実際に強制的に退去させられるまでは3ヶ月から6ヶ月程度の期間がかかりますし、裁判で立ち退き請求が不当なものであると争えばさらにそれ以上の期間がかかりますので、相手の要求通りに月末に退去しなくてもすぐに追い出されることはなく、上記の一連の手続きが終わるまでに転居先を探せば大丈夫です。
弁護士にはいま急いで転居先を探しているのでもう少し待ってくださいと言っておけばいいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

大変判り易い回答をありがとうございました。


おかげさまで大分安心して暮らせるようになります。


「不法占拠と言われてしまうような事情に心当たり」は全くありません。


ただ、私の名前に名義変更した際、大家さんから改めて「賃貸借契約書等の契約内容の分かるもの(書類)」を受け取っていないことが引っかかっています。


回答を拝読して、法務局に供託金をお願いするにも必要になる書類なので明日にも大家さんにこの旨を連絡し契約書を渡してくれるようにお願いしたいと思います。


この場合、大家さんから私の名義での契約書を貰うことが出来ない場合もあるのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
不法占拠と言われてしまうような事情には全く心当たりが無いのですね。
そうすると、大家さんはあなたの手許に契約書の控えがないのをいいことに、契約の名義を変更したことを無かったことにするつもりなのかも知れません。契約の変更が無ければ、契約の名義人とは別の人間が住んでいることになりますから、不法占拠と言えてしまいます。
大家さんがそのような企みであれば、契約書はもらえない可能性が高いですね。

もちろん実際に変更したのですからそのようなやり方は不当なのですが、契約書のような証拠がないと水掛け論になってしまい、裁判では不利になってしまう恐れがあります。
ただし2年半も前からお姉様と一緒に住んでおり、家賃の支払いなども直接しているようですから大家さんも知っていて黙示に認めていたといった主張で十分に争う余地はありますから、諦める必要はないです。
相手の弁護士さんに対しても、もし裁判になった場合にも大家さんから書類をもらって契約をあなたの名義に変更したことをしっかり主張しましょう。

供託するのに契約内容がわかるものをと書いたのは、供託の書類には借りている不動産の所在、地番、構造、種類、賃料、支払日等を記載する必要があり、これらは全て契約書に書いてあるからです。
もし大家さんから契約書やそのコピーすらもらえない場合は、司法書士に依頼してください。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をお読みになり、疑問は解消できましたでしょうか。
不明な点がございましたら、続けてご質問ください。

法律 についての関連する質問