JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

私はとある会社に派遣されている派遣社員です。 職種は設計部門(技術部)で22年間その会社に派遣されていました。

解決済みの質問:

私はとある会社に派遣されている派遣社員です。
職種は設計部門(技術部)で22年間その会社に派遣されていました。
正確には、親会社に関連会社(自分を雇用している会社)から正式派遣契約という形ではなく同一敷地内にある親会社の技術部に席を設けられて仕事をしてきました。もちろん時間による労働 賃金です。数年前の派遣法の改正により数派遣形態をはっきりさせると言われていろんな書類(派遣の条件や内容、派遣期間などが記されたもの)が手元に届くようになりましたが、実際には派遣されて22年間親会社の技術部に席をおいていました。
 技術部は自分の会社にもありましたが設計する装置の中身が全く異なり自分が手がけているものとはまるで違うものばかりです。自分の設計装置は、まだ新しい分野のもので自分の会社の技術部では私以外に扱うことができる人はいません。


この状態で2012年10月に施行された改正派遣法により先週いきなり派遣契約を継続できないと両方ほ会社より言われました。しかし、自分の会社に戻るとしても同一分野での設計チームは無く、自分の会社の技術部長には戻ってきても席がないと言われています。
正確には「戻ってきても違う分野でなんでもやりますということならば考えなくもない。」という言い方でした。
今まで自分の会社の命令で派遣業務についていたのですが、今回の改正された派遣法ではどうにもならないことなのでしょうか。


ちなみに親会社への出向の道もあると言われましたが親会社がNOということだと実現できないし、おそらく出向できたとしても長く2年間でそのあとにまた同じ問題に直面すると言われました。さらに追い討ちをかけるように関連会社間の移籍は協定でできないと言われています。

年齢48歳 勤続23年 妻子持ちです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

雇用している労働者を他の会社に派遣することは、原則、職業安定法により禁止されています。例外として、労働者派遣法により労働者を派遣することができます。

 

労働者派遣事業は厚生労働大臣の許可又は届出がなければ行うことができません。もし、それらがなくて労働者派遣を行えば違法となります。

 

「正式派遣契約という形ではなく同一敷地内にある親会社の技術部に席を設けられて仕事をしてきました。」とのことですが、もし、雇用されている会社が許可又は届出がなければ労働者派遣をそもそも行うことができません。改正派遣法の前からできないことになります。

 

今後の対処についてですが、正式派遣契約という形でもなく22年間もの長い間、勤めておられたのであれば、その親会社と実質的には雇用契約があったと考えることもできるので、直接雇用を求めることです。

 

一度、派遣については労働局が取り扱っていますので、相談されることをおすすめします。労働局の需給調整事業課です。労働局は各都道府県に必ず1つあり、電話でも無料で相談できます。

 

ただし、直接雇用の話になれば労働局では十分に対応してくれないことも予想されます。その場合は、お近くの労働法に詳しい労働者側の弁護士に相談されることをおすすめします。弁護士ならば誰でも労働法に詳しいわけではありません。

直接雇用の考え方は過去にあまり例がないので、お一人で対処するのは難しいと思います。

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


もう少し質問させてください。


 


1.親会社や自分の会社の都合で長年派遣され、私も会社命令のため従ってきました。


会社同士の協定により移籍などはできないと言われたのですが、それは法律に抵触しないのでしょうか。


 


2.自分の会社の方は、派遣業を取得しています。(確か4から5年前に取っています。)


  それ以前は、違法になるのかもしれませんが、あまり事を荒立てたくありません。


  直接雇用を親会社に求める例はないということですが、求めていく場合はそれなりの覚悟を持って行うことになるのでしょうか。(つまり事を荒立てるということになるのか)


会社ですので、事を荒立てて獲得してもその後にシコリがのこる可能性が高いと思います。


 


以上の2点です。よろしくお願いします。


  

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

 

移籍というのは、今、雇用されている会社を辞めて、親会社に就職するということでしょうか。雇用契約の場合は、前回の回答の通り、原則、自分のところで雇用している労働者を他の会社に派遣はできません。移籍という名称を使っても同じことです(労働契約上の根拠がある出向は可能です)

 

労働者には退職の自由があり、職業選択の自由があります。したがって、原則、他の会社に就職することを禁止することはできません。ただし、一定の範囲内で禁止が有効となることがあります(ずっと禁止ということはできません)

また、禁止が有効となるのは競業するライバル会社への就職であり、労働者と雇用している会社との間で特別な契約等をしている場合です。

会社同士の協定は貴方の職業選択の自由を制限できませんが、就職活動はできたとしても会社同士が採用しないと決めているのであれば採用は難しいかもしれません。

上記のことは別として、親会社なのですから、親会社が許可すれば今雇用している会社は何も言えないのではないでしょうか。しかも、高度なスキルを必要とするのであれば親会社も雇用は歓迎だと思います(人員を減らしたいのであれば別ですが)

 

派遣業であるのに正式に派遣という形をとっていないのは何か特別な理由があるのだと思います。

直接雇用を求める場合は、主張していくことになるので事を荒立てることになることはあります。でも、穏便に上手く話しをする努力は可能です。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問