JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 982
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

就労ビザについて質問です。 彼はフランス人で今回日本に来た際にプロポーズをして帰りました。 日本語ほぼ話せないた

質問者の質問

就労ビザについて質問です。
彼はフランス人で今回日本に来た際にプロポーズをして帰りました。
日本語ほぼ話せないため、知り合いの社長さんの元でまず働いて日本語を覚えることのなりました。
いきなり席を入れて配偶者ビザではなく就労ビザを希望です。
可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
就労ビザを得るために日本語能力はそれほど重要ではありません。
審査上問題となるのは、今回就職し、つこうとしている業務に対しての専門性を
持っているかどうかが基準になります。

一般的には、就職しようとする専門分野についての大学卒業しているか、それと
同等と認められるような資格をもっていたり、実務経験を証明することになります。
例えば、フランスでコックをしていて、国際的なコンテストで入賞したことがある、
というような場合ですと、コックとしての専門性が認められるという具合です。

その他、学歴や職務経験と無関係に認められやすいのは通訳であったり、
外国人の本国の文化などが関係してくる業務です。今回考えられるとすれば、
例えば飲食店でフランスの食材を扱っていて、直接輸入をしている、ということ
であれば、フランス人を雇用する理由になりやすいですよね。

給与の金額については特別規定があるわけではありませんが、人件費の安い
外国人をつかって、、、というようなことを抑制する意図があると考えて頂ければ
よいでしょう。従って、年齢や経験などに基づいて、日本人同様の金額が設定されて
いれば問題ありません。例えば、専門分野の学科を卒業した、新卒の学生を採用
する、というケースであれば、新卒の給与水準で構いませんが、実務経験10年の
ベテランですという説明で雇用しようとしているのに、給与が新卒並みであれば、
あれ?となりますよね。
前述もしましたとおり、業務分野への専門性との関係で、矛盾が出ないような
配慮をして金額を話し合ってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

特に特別な学科を卒業したり、キャリアがあるわけではありません。


入国管理局へ質問に行った際研究・技術・人文知識・国際業務・技術・特定活動での申請を進められました。


 


また、お給料も20万円以上できれば25万円以上と基準もあるとのことでした。


実際20万円以下の場合就労ビザの所得は難しいのでしょうか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
特別な学科、ということではなくて、職業に関係のある学科であればよい、
ということです。またはキャリアですね。
在留資格には、その資格ごとに細かく審査要件が決まっていますが、企業に
就職する場合でいいますと、一部専門分野を除けば、文系であれば「人文知識・
国際業務」という在留資格が、理系であれば「技術」の在留資格を得て就労する
ことになります。

金額については、最低限でいえば、最低賃金法に違反していなければ可能性は
あります。ただ、日本の入国管理の政策上、単純労働者の受け入れは行なって
いません。なんでもいいので働きたいです、ということでは残念ながらビザは
でないのです。

例えばスーパーやコンビニエンスストアのアルバイトをしている外国人の方と
いうのは現実にはいるわけですが、この場合(不法就労を別にして)
・留学生
・就労資格を得て、日本で勤務している外国人の配偶者
などのように、いわゆる就労ビザではなく、別の目的を持って日本に滞在
している方が、「資格外活動許可」という別の許可をもらって就労していたり、
日本人の配偶者、永住者、永住者の配偶者などのように、就労に制限のない
在留資格を持っているケースということになります。

つまり、20万円以下だから難しいのではなく、20万以下の給与しか期待されない
ようなキャリア、ポジションでのビザ取得が難しいと考えていただくとわかりやすい
かと思います。

従って、ご質問のフランスの方の学歴やキャリアが今回やとってもいいといわ
れている社長さんの事業と無関係で、なぜ、フランス人をわざわざ雇用するのか、
という点を合理的に説明できそうにないのであれば、基本的に就労ビザの取得は
できないということになります。

>研究・技術・人文知識・国際業務・技術・特定活動での申請を進められました
とのことですが、このようにぜんぜん異なる分野の在留資格が並んでいることが、
申請の困難性を表しているとも言えます。つまり、相談を受けられた担当者も、
専門性が見つけられなかったため、このような幅広い回答になってしまっているのです。


法律 についての関連する質問