JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫が離婚を突然言い出し、実家に出て二か月たちました。最初はこちらの意見も聞いてくれていた義父らも、近頃は夫の言いなり

解決済みの質問:

夫が離婚を突然言い出し、実家に出て二か 月たちました。最初はこちらの意見も聞いてくれていた義父らも、近頃は夫の言いなり、自分の息子が起こしている問題から目をそむけおいて行かれた孫のことなど全く、気にならないかの様です。夫とは結婚12年、婿養子、10月に急に帰りが遅くなり半月後には離婚したいと言い出しました。理由は12年間の不満家の両親との確執、私のことは殺したいほど大嫌いだそうです。それまで転職活動中の夫を支え(喧嘩も絶えませんでしたが)他人からは仲良し家族といわれてきたので、すぐに怪しく思い女関係を疑いました。結論から言うと、女は不倫程度の証拠はとれていますが、不貞の証拠になる程ではなく、話し合いにもなりませんし、会うのも拒否、離婚とお金の要求ばかりです。最近は義父義母に連絡すら取れず、納得いきません。家はお金のことこどものこともあり、今のところ向こうのいいなりで、何とか気持ちを変えて戻って下さいと、お願い中です。向こうの父に昨日裁判しかないといわれ、離婚したくないというこちらが、裁判に緒応じるべきかその時は女のことをいうべきか、また離婚しないという結論になってもお金をかけて、主人が納得して戻って来るのか、どういう方法がベストなのか全くわかりません
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

ご相談者様としては、離婚をしたくないということであれば

「離婚届の不受理の届」をすでに出されたことは正解だと思います。

ときどき、離婚届を勝手に出す人はいますし、離婚届には親権者指定欄もございますので

ご注意が必要でした。

 また、不貞行為をした有責配偶者からの離婚の要求は原則できません。

文面から、不倫の証拠はあって不貞の証拠はないと言うことですが

現在では、携帯電話のメールでも裁判上の証拠として採用されています。

状況証拠でもそれで争うべきです。

ただ、お話から修復は難しい部分はあるかもしれません。

離婚は、協議が整わない場合は、いきなり裁判ではなく

まず、家庭裁判所の調停をしなければなりません。

調停が不調に終わった時に初めて裁判ができます。

これを調停前置主義と言います。

家庭裁判所の調停には、修復のための円満調停もございますので

それでまずは対応されてみても良いのではと思います。

その時に、浮気の疑いも調停委員にお話しておくことです。

相手の愛人の女性には慰謝料を請求してみましょう。

慰謝料請求の内容証明等の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

対応が早いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。相手への慰謝料請求ですが、不倫の証拠程度での請求はできますか?また協議が裁判まで言った場合、私が負けてしまう可能性もありますか?裁判や離婚調停においても不倫のことを話すほうが有利でしょうか?教えてください

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

不倫程度の証拠と言うのがはっきりしないので何とも言えますせんが

不倫のことは主張すべきでしょう。

裁判になることはほとんどありませんが、そこまで長引きそうであれば

探偵事務所にご依頼して明確な証拠を用意しておくことも大事かもしれません。

ラブホテルに二人で入るところとかの写真があれば確定的ですね。

負けが離婚することなのであれば、すぐには離婚はできないと思います。

そこは、別居実績がもっと長くないとダメですね。

判例では、最短で6年ほどです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問