JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4920
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在、ヘアサロンで委託でネイルをしております。委託ですので集客、材料等の経費は私が負担しておりますが。初来店の際のカ

解決済みの質問:

現在、ヘアサロンで委託でネイルをしております。委託ですので集客、材料等の経費は私が 負担しておりますが。初来店の際のカルテ記入の個人情報取り扱いについての同意は委託先のヘアサロン名で頂いています。総数は300名以下です。
ここで質問ですが、独立、新店舗オープンの為ネイルの顧客情報を持っていきたいのですが、こちらの方法は違法、もしくは一般的ではありませんか?
・返信ハガキにてお知らせして、個人情報取り扱い者が変わる事に同意頂けない方のみ返信してもらう。
・同意なしに、独立開業の為個人情報取り扱い者が変わる事のお知らせだけをする。

ご回答宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

そのヘアサロンの顧客データが300人以下であれば

個人情報取扱事業者としての対象にはなりません。

5000人以上の個人データを扱う事業所が対象です。

とは言え、個人情報の問題は、それが漏洩した時に、顧客に損害が被ることがあれば

損害賠償を請求されると言うことです。

不法行為による損害賠償請求と言うことで民法に規定されています。

ただ、抜け穴的なこともあるので、中小の個人情報取扱業者でない場合は

その個人情報の取り扱いの過失を、顧客側が立証しないといけません。

これは大変です。

しかし、今回のケースでは、ヘアサロン会社からの漏洩と言うのが明白に成り易いので

顧客の許可なく個人情報を第三者に提供しないと言う部分に抵触することも考えられます。

もし、するとすれば、ヘアサロン側が、ご相談者様のネイルサロンに情報を

提供して良いか確認すべきです。

もしくは、その場で顧客の方がいらした時に、同意を得ることです。

ご相談者様が、ネイルサロンとして先に出せば、ヘアサロン側が情報を顧客の同意なく無断で第三者に提供したと

言うことになり被害を被る可能性もございますので、ご注意が必要です。

最初の時点の委託契約で、そのことをはっきりしておくべきだったかもしれません。

そのヘアサロンとはもう関わらないのであれば尚更です。

新規オープンのご挨拶状を送っただけで、営業妨害となる場合もございます。

また、意外と個人情報に関して敏感な顧客の方もいますので、一人でも敏感に対応したら

問題が大きくなることもございます。

オーナーの意向を無視するとトラブルになりそうな感じも受けます。

オーナーとよく話し合って下さい。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。

そうですね、やはり同意を頂く事が一番安全ですね。

オーナーには返信ハガキにて同意頂ける方のみ署名入りでご返信を頂くという事に納得いただきました。

ご返信頂けなかった方に関してはあきらめます…。

そこで、さらに質問ですが、こちらの方法は大丈夫でしょうか?

・ヘアメニューと同時にご利用頂いている顧客様には情報の共有に同意して頂く

・返信ハガキの返信先は現サロンではなく、私の自宅へ返信していただく。

 

それと、ヘアサロンの名前で個人情報取り扱いの同意を頂いていますが、オーナーと私の関係は雇用契約ではなく委託契約ですし、広告宣伝費用等すべて自己負担で間借りしていた状態ですので、同意を得られた方のカルテ(住所等ほかに施術内容等が記入されています)を丸ごともっていく権利は主張できると思っていますがいかがでしょう?

 

よろしくお願いいたしますm(__)m

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
1回目のご回答内容に不満は御座いませんが、同意書作成に伴い少々早めの回答を希望してます。
その為、別の回答リクエストとさせていただきました。
お忙しい中ご回答下さいましたのに申し訳ありません。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご回答が遅れまして誠に申し訳ございません。

他の業務をしておりすぐに気が付きませんでしたことをお許しください。

リクエスト機能があるので、それをご利用いただければ早目に気づけたのかもしれません。

ご質問に順番に分かる範囲でご回答致します。

1、顧客側の視点が問題となります。ヘアサロンとしてのサービスの一部として

ネイルをご利用になったのか、全く別物として、お客様がとらえていてくれたかです。

このことが曖昧ですと、トラブルのもとになります。

2、顧客側が同意すれば問題がないことですが、ヘアサロンのオーナーとの合意も

あるでしょうね。

間借りであることが顧客に理解されていれば、それほど問題は無いと思いますが

中には、オーナーも場所を提供したことが一番大きいと判断して

渋る可能性もあるかもしれません。やはり何でも契約がポイントになります。

顧客情報と言うものは、商売の宝ですから慎重さが要求されます。

カルテに関してはオーナーの合意があれば構わないと思いますが

本来は、顧客の個人情報の利用の方法は顧客の同意が必要になります。

個人情報は、市役所などの公的な機関の中でさえも、福祉で使うのにもうるさいのが現状です。

個人情報の扱い方を顧客に毎回、同意を得る書類を作成するなど今後は必要でしょう。

今回の件も、個人情報の考え方は、相手のオーナーとは業務妨害になるかどうか

顧客とは、個人情報使用の同意ができるかどうかがポイントです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問