JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

私は現在38歳のバツイチ独身です。 離婚して6年になりますが、離婚した時に元妻と話し合いできめた、慰謝料,養育費を

解決済みの質問:

私は現在38歳のバツイチ独身です。
離婚して6年になりますが、離婚した時に元妻と話し合いできめた、慰謝料,養育費を支払っています。
その時には慰謝料,養育費の相場というものを知らず、今現在に至っているのですが、いろいろ調べたところ、自分の年収から見るとかなり高額な金額だという事がわかりました。
便箋1枚にその支払いの内容を記入して印鑑も押してあるのですが、この書面は有効なものでしょうか?また、相場に相当する額まで減額する事は可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。

1点確認させてください。

当時は双方が納得して書面(離婚協議書)を作成されたということでよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
はい、当時はお互い納得の上でした。
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

回答させていただきます。

双方が納得して、慰謝料及び養育費について合意をすれば、書面の形式がどうであれ、法的には有効に成立いたします。
書面はその証拠に過ぎません。
ただ、内容については双方が合意の上であれば変更することは 可能です。
しかし、元妻の合意が得られない場合、養育費については家庭裁判所に養育費の減額調停を申し立てることは可能です。
裁判所を間に挟んで話し合いとなりますので、ご自身の収入内で払える養育費にすることができるかと存じます。

愛知県にお住まいとのことで名古屋家庭裁判所の調停申し立てのひな形や手続き案内のページを下記に上げさせていただきますので、こちらをご参照いただければご自身で申し立てをすることもできます。
(30 養育費(増額・減額)の箇所をご覧ください。)
【名古屋家庭裁判所】
http://www.courts.go.jp/nagoya-f/saiban/tetuzuki/l4/Vcms4_00000146.html

その他分からない点がございましたら、返信機能を使ってご返信いただければと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
慰謝料については減額できるものですか?
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
双方が合意をすれば慰謝料についても減額可能です。
しかし、慰謝料は養育費とは異なりますので、上記の養育費減額調停で減額できるものではありません。

慰謝料の支払方法含めて話をもう一度したい場合は、民事調停という簡易裁判所の手続きを利用していただくことになるかと存じます。
民事調停については下記をご参照ください。
【裁判所 民事調停】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_10/index.html
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問