JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2238
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして。 自分ではまず何をどうしたらよいかわからずメールさせて頂きました。 実は、昨日弁護士から普通郵便で

質問者の質問

はじめまして。
自分 ではまず何をどうしたらよいかわからずメールさせて頂きました。
実は、昨日弁護士から普通郵便で手紙がきまして、
七年位前に仕事で知り合った男性と友人関係でした。最初は付き合いたいなど言われたり。でも付き合いはしていません。ただ体の関係はありました。独身と言われていたし。それが去年一月久しぶりにメールが来て、会おうと言われて。彼は独身と言い張り私も信じてしまいました。そのときに妊娠してしまい、彼にきちんと相談しました。ですがそのとき初めて奥様がいると告げられました。なので一人で堕胎しました。しかし、私はパニック障害、統合失調症を持っており、現実と妄想がごっちゃになり、彼に産まれたら認知してなど嘘をついていました。なので相手が弁護士を立て法的手段を取りますとのことです。
わたしが嘘をついたので、法で裁かれて当たり前なのですが、彼は子どももいるのに最後の最後まで子どもはいないなど私を何年にもわたり騙して、体を求めて、遊ばれていたということです。
まだ弁護士から次にどうしたらよいかなど連絡は来ていませんが、持病がある為発作が起きたり、自殺願望がひどくなってしまってます。
慰謝料など払うにしても、このまま待っていたらいいのでしょうか?
何も分からずお恥ずかしいですが、頼れる方もいないのでどうぞよろしくお願いします。

加藤加奈子
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。


回答のために確認させてください。

弁護士から慰謝料の請求をされているのですか?
相手は何について法的措置をとると言っているのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
弁護士からは、嘘をつき騙したことは許されることではない、相手の奥様も知り慰謝料請求もできる。

法的手段を取ることを了解ください。

とだけで、金額が書いてあるわけでもなく、どのような法的手段なのかも書いてありません。

6月から彼とは一切連絡をとっていません。
相手に接点はもたないようにしてくれ。と書いてありました。

詳しい内容はまた送られてくるのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
まず、相手の弁護士の言っていることを鵜呑みにしてはいけません。

質問者様は相手の男性が既婚者である事を知らなかったのであり、その場合相手の奥さんに慰謝料を支払う必要はありません。
慰謝料を請求されても、「わたしは相手が既婚者で ある事を知りませんでした。ですから慰謝料を支払う必要はありません」と主張しましょう。

逆に相手の男性は既婚者である事を隠して質問者様と付き合っていたのであり、結婚するつもりもないのに性関係を持ち続けたということで、「貞操権侵害」で慰謝料を請求できる可能性があります。
だいたい嘘をつき騙していたのは相手の男性のほうです。質問者様が悪いのではありません。

とりあえずは相手からの連絡を待ちましょう。そして、もし連絡がきて慰謝料を支払うように要求されても上記のように主張してきっぱり断りましょう。「逆に慰謝料請求しますよ」と言って心理的な圧力をかけることもできるかもしれません。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご丁寧な回答ありがとうございました。

あまり怯まず、冷静に対応したいと思います。

あと、私が堕胎したのに、まだお腹にいる。産む、認知して。など嘘をつきました。
それに対しての慰謝料はだいたいいくらくらいになるものなのでしょうか。
お金など要求は一度もしたことはありません。
堕胎費用すらもらっていません。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>あと、私が堕胎したのに、まだお腹にいる。産む、認知して。など嘘をつきました。
それに対しての慰謝料はだいたいいくらくらいになるものなのでしょうか。
→それくらいの嘘で慰謝料請求などほとんどできません。できても数万円でしょう。
それよりも相手のついた嘘のほうが重大です。
そちらの慰謝料のほうが高く請求できます。

とにかく、相手の要求に対して冷静に対応しましょう。相手のほうが悪質です。堂々と立ち向かってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました。
やはり、私も弁護士の方に相談し、弁護して頂いたほうがいいのでしょうか?
また手紙が来てからのほうがよいのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
また手紙が来てから考えてもいいと思います。相手の対応がしつこいようでしたら弁護士の先生に依頼したほうが精神的な負担はなくなるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご丁寧にありがとうございました。
また手紙が来てから対応を考えます。

相手は七月に依頼をしていたと書いてありました。
私の動きを様子見していたのでしょうか?

今回の手紙も、ただ、奥様が精神的苦痛を与えられた…云々…
詳しく慰謝料の金額も書いてないし、ただ法的手段を取りますと書かれていて。
私にも非はありますが、騙されていたのも事実ですし、悔しい限りです。

次は請求金額などが書かれた手紙が来るのでしょうか?
裁判とかになるのですか?
よろしくお願いします。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>相手は七月に依頼をしていたと書いてありました。私の動きを様子見していたのでしょうか?
>次は請求金額などが書かれた手紙が来るのでしょうか?
→相手の動きはこちらでは詳しくは分かりません。手紙が来るかもしれませんし、このまま何もないかもしれません。
まずは、相手の動きを待つしかありません。

>裁判とかになるのですか?
→これも相手の出方によります。いきなり訴えてきたら裁判になりますし。とりあえず質問者様に請求してみて質問者様が支払わないと分かったら、裁判で争ってくるかもしれませんし、あきらめるかもしれません。
とにかく、相手の動きを待つしかありません。
その後に弁護士に依頼することを検討してみてもいいと思います。

法律 についての関連する質問