JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4687
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

主人が10年前から6年間単身赴任先で浮気していました。謝罪もありもうしないということだったので、もとに戻るように努力

質問者の質問

主人が10年前から6年間単身赴任先で浮気していました。謝罪もありもうしないということだったので、もとに戻るように努力しましたが、私がショックで10キロ以上やせ、うつ、 PTSDの症状を起こすようになり、一年たたないうちに、相手の女性に連絡してあっていた写真を先日確認しました。
私はそのまま精神科に入院しました(急性ショック症状による解離現象で自殺企図がありました)一ヶ月経ち、退院しました。本人は外科医なので忙しいから考える暇がないとかいってのらりくらりと今回もかわしそうでしたので、今回は私のほうから別居を提案しました。ちなみに、長女は夫野実家から学校に通っており、下の二人の娘を連れて首都圏へ進学目的という名目で別居しようと準備は進め、夫もそれにはなっとくしております。離婚は子供のこともありますし、損であると考えておりますので、かんがえていません。しかし、もう夫に体をこわされるのはこりごり。
彼女の方にも3年前にとっておいた電話番号に連絡し、「何でもする」ということです 。
おっとも、かのじょも不貞は認めています。ボイスレコーダー、カルテなどもあります。
ただ、今回はただあっただけど2人はいっていますが、どちらにせよ、前回のこともありますし、今後の生活もありますから、二人からは不貞の慰謝料を、(まだ3年経過していない)夫からは、今後の生活費の念書をとりたいと考えています。どのように事を進め、法的に確実な文章化をはかればよいでしょうか?また慰謝料の妥当なラインはどの程度でしょうか?6年交際、中絶あり。相手は看護師ですので相当の収入はあるでしょうし、夫は年収1800万程度。ただ、なぜか、おっとは裁判にすると別れると無理なことをいっていますが、裁判ではなくても私はけじめとして、この二人には罪を償ってほしいとおもっています。もちろん弁護士さんをつけるつもりもありますので、このさいきちんとしておきたいとおもっています。私も一生残る病気を負わされましたし。 雑文で申し訳ありませんが回答のほどをお願いします。あと、夫への慰謝料ですが、時価」2100万程1800万ローンありのマンションの登記変更というのはおかしいでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様は、離婚するおつもりはないと言うことで

修復に向けて動きだそうと言うことであれば

「夫婦関係調整の公正証書」の作成をされると良いと思います。

夫婦関係調整の公正証書は、浮気したご主人様などに対して

公正証書で、今後浮気をしないと誓わせるもので

約束を反故にすれば、ご相談者様に有利な条件で離婚することを認めさせるものです。

また慰謝料の請求は、ご主人様にも愛人の女性にも、ご相談者様が離婚しなくても

請求することが可能です。

慰謝料の額は、相場と言うものがなく、ご相談者様が思う額を請求して

それに応じれば、問題はなく、応じない時には、家庭裁判所等の調停を申立てることになります。

これらの慰謝料は、固有の財産となるので、離婚した時も財産分与の対象にはなりません。

一般的に、慰謝料は現金が多いんですが、不動産の譲渡もあり得ますが

それは離婚する場合に考えても良いかもしれません。

仮に、今後、別居をするおつもりであれば、別居の公正証書で

婚姻費用や面会交流を決めておくことになります。

公正証書の作成や慰謝料請求は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に

ご依頼されると良いでしょう。

それと、有責配偶者(ここではご主人様)からの離婚請求は原則できません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧な回答ありがとうございました。


実は、私の父が私の将来を悲観しており、マンションの一つでもとかんがえているのです。私も職業資格はありますが、このような状況ではフルでは働けませんので離婚は不利と考え、有せき配偶者からの離婚請求はできないことをたてに、進学目的での別居を提案しました。


夫も離婚は望んでいないでいるようです。できれば家に戻ってきたいようですが、こちらの精神が持ちません。


 


>一般的に、慰謝料は現金が多いんですが、不動産の譲渡もあり得ますがそれは離婚する場合に考えても良いかもしれません。


 


それは、離婚する際に共同財産分与ということでしょうか?


離婚する際は共同財産と、年金分与。


 


そして、今は、現金で慰謝料をもらうということでしょうか?


ただ、慰謝料となると、マンション分2500万程度になりますし、本人はそんなにありません。


ちなみに、私はこれから精神障害者手帳認定も受けることになっていま


す。


私の父は、離婚せずとも、孫の養育費、娘の生涯補償をきちんとした形で残したいようです。そのためにはどのような内容の公正文章をおねがいすればよいでしょうか?ポイントをおねがいします。


それとも、離婚の際にまとめて慰謝料を請求した方がよいのでしょうか?末の子が8歳なので結婚するまでは離婚する気はありません。


あと、もともとの年収が高いので、生活レベル的には家族一同贅沢だとは思いますが、中学受験、習い事等はやめさせる気はありません。そのへんもどのように証書に盛り込んでいけばよいでしょうか?


ちなみに、面会は自由にさせようと思っています。子供が望めばですが。


 


 


 


 


 


 


す。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、双方に離婚の意思は今のところはないようですが

別居となると、問題が起きる場合がございます。

有責配偶者は原則、離婚請求ができませんが

例外として以下の3つの要件がございます。

1、別居期間が長い場合:判例では最低6年があります。

2、未成熟子(未成年の子ども)がいない。

3、配偶者に充分な補償をすること。

ですが、1と2は、夫婦関係が完全に破綻していると判断されると緩和される場合がございます。

そう言う意味では、完全な別居は今後不利になる可能性はあります。

週末は会うとか工夫はされた方が良いでしょう。

夫婦関係が完全に破綻していると判断されるのが問題です。

別居中は婚姻費用を請求できるので、それと面会交流を決めることになります。

例えば、ローン中のマンションにご相談者様達が住んで

ご主人様に別居してもらう方法もあるでしょう。

そこは、民事なので、双方が納得がいけば何でもありです。

慰謝料も一括ではなく、分割も可能です。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されて

二人三脚で進められる方が良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


>と2は、夫婦関係が完全に破綻していると判断されると緩和される場合がございます。


 


そのために、あくまで、田舎から首都圏への「子供の進学のための別居」というスタンスをとりたいのですが、これを公正証書に入れることは可能でしょうか?


またおっとはいぞがしく、多分つきに一度会えるかどうかの距離になります。


もちろん、もどって同居という可能性もありますので、そのへんはニュートラルに考えています。


いつでもあっていいし、祖父母のもとに連れて行くのも常識的に許可をもらえばかまわないことで、父子関係は今までと変化なく行いたいと考えています。


子供たちも主人と同じ学歴を求めるなら大学は10年。24歳まで行くことになります。もちろん本人次第ですが。


 


そのあとの、離婚は状況を見ながら決めたいとおもっております


マンションは私たちの転居先にも、主人の勤務先にも遠く賃貸に出している状態です。


 


今ここで、慰謝料をもらっておかないと、子供たちがいなくなった後の離婚の際慰謝料を請求できないかが疑問です。


また逆に、適当な金額の慰謝料を今もらったら、離婚時には慰謝料請求はできないでしょうか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

別居したとしても、月に1回はお子様も含めて会うようにされた方が良いでしょう。

離婚前提でなく、お子様の教育のためと言うことも書いておいて良いでしょう。

不貞行為の慰謝料の時効は、そのことを知ってから3年以内なので

今の段階でもらうことも大切かもしれません。

婚姻費用や養育費や扶養料と言うことも細かく決めておくことは可能です。

とにかく離婚はしないとなれば

市役所に「離婚届の不受理の届」を早急に出しておくべきです。

これを出せば、離婚の調停を申立てられたにしてもご相談者様が取り下げなければ

離婚はできません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問