JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

遺産相続についての質問宜しくお願い致します。 2年前に母が他界し、口座に800万程の預金がありました。口座は凍結さ

解決済みの質問:

遺産相続についての質問宜しくお願い致します。
2年前に母が他界し、口座に800万程の預金がありました。口座は凍結されておりましたが父が手続きして引き出し父が全部もっ ています。私と兄は一円ももらっていません。その時は母の遺産を私達子供も相続する権利があるなんて考えてもみなかったのですが、父意外に私と兄は相続権利があるとの事をつい先日知りました。2年経っておりますが私にも貰う権利はまだあるのでしょうか、?兄は母の他界後他界してしまい家族は父と私だけです。母には二人姉がいます。父とは現在絶縁状態で最近父は再婚したようです。色々調べてみたところ遺産減殺請求というものがあると知り請求できるのであれば請求したいのですが私の場合請求できるのでしょうか?以前父から手続きに必要だと実印や署名等をした記憶があります。何の書類なのかは定かではありません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご質問の、遺産減殺請求というのは正しくは遺留分減殺請求権といいます。
この遺留分減殺請求権というのは、亡くなった方が遺言を残している場合に、遺言の内容によって遺産を相続できなかった法定相続人に最低限確保された遺産を相続する権利、遺言によっても奪えない権利です。
お書きいただいた事情からするとお母様は遺言書を残していなかったと思われますので、今回この権利の出番はありません。

お母様が亡くなった時点で夫と子供二人がいる場合、夫が2分の1、子供二人にはそれぞれ4分の1の遺産を相続する権利があります。
もしお父様が勝手に独り占めしているのであれば、あなたはいまからでもあなたの相続分である200万円を返すようお父様に請求する権利があります。

ただし、当時「何らかの書類」に署名押印をしたというのが1つ問題です。
この書類が銀行の手続き用のもので、単に預金を引き出すにあたり相続人代表者としてお父様に任せるだけの書類であれば良いのですが、これが「遺産分割協議書」だった場合、おそらくその内容はお父様が全ての遺産を相続するというものになっていたと思われます。
そのような書類に判断能力ある大人が自ら署名し実印を押している場合には、もし裁判等で争ってもその内容を承諾しているという判断になるのが通常ですから、これを覆すためにはお父様に騙されたといった状況や、ご自身の意志ではなく署名・押印をしたといった事情をあなたが証明しなければならず、返還を受けるのが非常に困難になってしまいます。

いずれにしても、本来200万円はあなたが相続することができたお金ですから、請求はしてみると良いでしょう。
お父様とは絶縁状態ということですので、ご自身で請求しても無視される可能性が高く、弁護士を代理人にたてて請求することをおすすめします。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問