JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

2012年12月25日、父親が車で事故を起こしました。その事故は何とか解決したのですが入院する際、書類を探す為 父の

解決済みの質問:

2012年12月25日、父親が車で事故を起こしました。その事故は何とか解決したのですが入院する際、書類を探す為 父の書類棚を探してた時に東金簡易裁判所から支払督促がきている事に気付きました。私は東京在住でたまにしか実家に戻る事がなく実家に重大な問題を抱えている事に恥ずかしながら気づきませんでした。母親に聞きました。父親がリストラになって次の職場がいけなかったと言って いました。宅配業者で車を父に貸して勤務をさせていたそうです。朝から晩まで働かせて給料は安かったと言っていました。ある日、その社長が逮捕されたそうです。父と同じく一緒に働いていた人が市原市の山林で殺されました。内容は保険金殺人で実行犯(無期懲役)実行犯の元妻の母親(懲役9年)その元妻のいとこ(懲役13年)です。インターネットで調べた事ですがもし保険金に入っていたのが父親ならおそらく殺されていたのは父だったと思います。支払督促はその社長(実行犯)からです。父と業務委託契約を結んでいたらしく違約行為がありその車の代金と延滞金を支払いなさいとの事です。父はある車の整備所に返したと言っていましたが返却したという証拠がありません 聞きにいこうにも、整備所の関係者はその社長と繋がりがありそうで聞けずじまいです。私としては支払督促に応じてそういう人から縁を切りたいと思うのですが支払督促の金額が高く減らせないかと考えています。しかし訴訟を起こそうにも悪い事に12月25日父が車の事故を起こしたと伝えましたが詳しい検査の結果、脳に3センチのがんがあるそうです。(記憶もあやふやな状態)1月20日、もう一度検査をして21日手術です。社長が仲間の方へ連絡し実家の方へ脅しにこないか心配なので早めに対処をしたいのですがこの場合、私が代理で対処を行う事はできるのでしょうか?なにをどうしたらいいのか分かりません 宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

まず確認させてください。

>私が代理で対処を行う事はできるのでしょうか?
→支払督促に対する異議申し立て後に開かれる訴訟について、ご質問者様で対応ができるか知りたいということでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

言っていることは難しいと自分でも分かっているのですが父の病気の事もあり訴訟になれば父に対処する事は難しいと考えています。刑務所の中から督促状の手紙が送られてきます。これをなんとか止めてほしいし、今後、このような人と関わりをもたないようにするにはどうしたらいいか、分かりません やはり異議申し立て後の訴訟は私が対応する事はできないのでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

回答させていただきます。

金額によっては、ご家族が代理人となって訴訟を代わりに行うことは可能です。
支払督促に書かれている金額が140万円以下(元金部分)であれば、異議申し立て後の簡易裁判所での手続きになります。
簡易裁判所には、裁判所の許可を得て、家族が代理人になることができる"許可代理人"の制度がございます。
ですので今回請求されている金額が140万円以下でしたら、事前に"代理人許可申請書"を裁判所に提出して、許可代理人になれるよう動かれるとよろしいかと存じます。
ちなみに、代理人許可申請書の フォーマットは下記からダウンロードしてください。
【裁判所 代理人許可申請書】
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/dairi_nin_kyoka/index.html

なお、この申請書には収入印紙500円を貼付する必要がございます。


提出するときは、呼び出し状に管轄裁判所の担当書記官名が記載されておりますので、事前に担当書記官に事情を連絡しておくとスムーズです。
形式上不備がなければ、大体の場合代理人として許可されますので、答弁書の作成や期日当日お父様の代わりに出廷して、こちらの言い分を裁判官に伝えていただければと思います。

もし、請求額が140万円を超えているようでしたら、管轄が地方裁判所になります。地方裁判所は許可代理人制度はありませんので、原則弁護士さんしか代理人になることができません。そのため、お父様が出廷できないようでしたら、弁護士さんにやむを得ず依頼していただくほかありません。

わからない点がございましたら、返信機能を使ってご返信いただければと思います。

gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問