JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4870
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

初めまして、Aです。Bとある事が切っ掛けとなり、『なにしてるんだ』と注意したところ頭突きをされたので胸ぐらをつかみ『

質問者の質問

初めまして、Aです。Bとある事が切っ掛けとなり、『なにしてるんだ』と注意したところ頭突きをされたので胸ぐら をつかみ『手前、何をしてんだ』と言ってもめているうちにまた頭突きをされました。その結果、鼻骨骨折したのです。
AとBは初対面です。
AとBが対面してから直ぐに事が起こりました。次の頭突きも掴んでから直ぐだと記憶しております。
お互いにお酒を飲んでいる状況です。
その後はとめがはいったので何もありません。
警察を呼び、救急車でJ医大でCTをとっています。
相手は25才前後で黒っぽい服でしたのでホストかなと思いました。
警察には掴んでいるので喧嘩両成敗と言われましたがそうなんでしょうか?
訴えるだけ無駄になるのでしょうか?
勝ち目はあるのでしょうか?
ご回答、お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い目にあったと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 すでに、警察には被害届は出されているのかもしれませんが

刑事告訴はしていない状況でしょうか?

ご存じかもしれませんが、この手の傷害事件においては、刑事と民事の考え方があり、

相手方(B)を刑事告訴しても、基本的には、相手方が罰せられるだけで、ご相談者様(A)に対して

何らメリットはありません。

損害賠償としての治療費や慰謝料の請求は、民事事件となりますので

全く別に考えないといけません。

仮に、Bさんを刑事告訴した場合、Bさんが不起訴処分等になるには

一般的には、被害者(A)であるご相談者様と示談をしないといけません。

その時点で、治療費や慰謝料の請求はできると思います。

ただ、傷害事件の時の問題は、一方的に被害者がやられっぱなしなら良いのですが

大抵は、抵抗して暴行をしている場合もあり、逆に傷害罪で訴え返される

危険性もあるのです。この手の対抗要件は多いのです。

現実問題として、軽い傷害罪は多く、逮捕拘留などに至るのは刃物などの武器を使った

時ぐらいです。

そうであれば、刑事告訴はせずに、民事で、不法行為による損害賠償請求を

するにとどめた方が良い場合もございます。

その辺りのことを警察の方もおっしゃりたいのでしょう。

告訴しない場合は、内容証明等で、相手方(B)に損害賠償請求をされると良いでしょう。

一般の方が、内容証明で請求する場合、気をつけないと脅迫罪や強要罪として

相手方に逆切れされるのでご注意も必要です。

 できれば、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されても良いと思います。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問