JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

会社の規定通り一か月前に退職願いを出し一月末にて退社となりましたが有給を消化するのであれば二月まで働いてください

質問者の質問

会社の規定通り一か月前に退職願いを出し一月末にて退社となりましたが
有給を消化するのであれば二月まで働いてくださいと言われました
なぜですかの問いにはあなたが有給の申し出がなかったので
と言われました。こんな理不尽なことあり得るのでしょうか?また
私としては納得できないので有給分残して辞めるつもりですが
きちんと給料はいただけるのでしょうか?
法律的に有給を消化させない会社は違法ではないのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

 

1月末が退職日でそれまで働いたならばもちろんその分の給料はもらえます。

 

退職日が決まっていても有給休暇は申請できます。有給休暇を実際に申請して会社が拒否すれば労働基準法違反となります。ただし、会社には有給休暇の申請があっても事業の正常な運営を妨げる場合には「時季変更権」というのがあります。事業の正常な運営を妨げる場合とは「単に忙しい」だけでは時季変更権を行使できないとされています。

時季変更権は退職日を超えて行使することはできないことになっています。なので、事実上、時季変更権は行使できないです。

 

有給休暇は口頭で申し出るよりも届出をされたほうが良いでしょう。

 

仮に有給休暇がたくさん残っているのであれば最終出社日を1月末にして、2月は有給休暇を申請して、退職日だけ2月○日にするという方法があります。

そうすれば1月末までの給料に加えて、2月に有給休暇を取得できた分の賃金をもらえます。例えば20日分残っていたら、1月末の給料+有給休暇20日分となります。

退職日が1月末でなければいけない場合はこの方法は使えません。

 

 

 

法律 についての関連する質問