JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

どこに相談したらいいのかさえわからず、ご相談させていただきます。 17歳の娘がオーストラリアに3ヶ月ちょっと留学し

解決済みの質問:

どこに相談したらいいのかさえわからず、ご相談させていただきます。
17歳の娘がオーストラリアに3ヶ月ちょっと留学していました。
日本国内の留学サポート会社との契約は一年間、一年分のサポート料として、58万円前払いしました。
しかし、渡豪した際には3ヶ月の語学学校への入学のみしか決まっていなかった ので、それ以降の留学延長はキャンセル、契約解除とサポート料の返還を請求したところ、契約書上、5ヶ月分しか返還できないとのことです。
ただ、今回の契約解除の理由は、サポート会社の現地スタッフからの個人情報の漏洩により、娘が精神的ストレスを抱えたことや、現地スタッフのいくつもの問題ある言動により、心的ストレスを抱えたことが理由です。
娘の友人が、その現地スタッフの発言を録音しているので、契約解除、サポート料の返還を求めて、帰国後にサポート会社へ面談を求めました。
新年早々に面談したいと、日時を打ち合わせしていたところ、一方的なメール、契約解除、サポート料5ヶ月分を返還、お母さんからの契約解除の申し入れを受理するから、面談の必要もないし、直接の連絡も控えるようにとのメール、今後は顧問弁護士から連絡させるので、その弁護士を通して連絡しろとのことでした。
こちらから、その弁護士の連絡先を年末に問い合わせたところ、1月12日までに連絡するとのことです。
こちらとしては、早急に現地スタッフの現状を把握して、契約違反を認め、謝罪して欲しかったし、これ以上の被害者をだして欲しくないこと、サポート料金の7ヶ月分の返還を求めたいだけです。
契約解除だから、面談の必要もないし、直接の連絡も断られる理由もわからず、ただただストレスを抱えている状態です。
このような相談は、どこにしたらいいのでしょうか?
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

>このような相談は、どこにしたらいいのでしょうか?

本件は、金銭の支払いに関する民事紛争ですから、
相談先に関するご質問については弁護士、司法書士というのが回答になります。


おそらく、相手会社は面談等で解約をしないよう説得をするものだと思います。
その場では、明確に説得に納得できず解約は絶対に譲れないことを主張してください。
実際に会う場面になって、折れてしまい、その後になってから弁護士に相談するという方が珍しくないのです。

なお、相手が弁護士をつけた以上、直接の連絡を断ることができる法的権利があります。
それは仮に質問者様が弁護士をつけたのに、
弁護士ではなく直接質問者様に問い合わせがこないようにすることができるのと同じです。
したがって、弁護士をつけたのに弁護士をとおさずに連絡をすると、
損害賠償責任を負いますから、注意してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。
やはり、弁護士への相談が必要なことはわかりました。
私の質問内容に不足があったのでしょうか...
内容が重複しますが、再度確認です。

私から契約解除を要望しましたが、現地スタッフの言動や個人情報の漏洩による心的ストレスを、サポート会社の代表に聞いていただき、娘達への謝罪はもちろん、適正な返金を求めたいのと、今後の現地スタッフへの指導をお願いしたい。
契約解除はサポート会社の契約違反を理由にしているにも関わらず、なぜ先方がその違反内容を話すための面談を拒否できるのか?
内容によっては、警察への被害届も必要ですか?
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
面談の拒否は可能です。
特段、法律で義務づけられているものではありませんから、
「面談はしません。*日以内に返金がない場合には、法的手続きをとります。」
と返答すればいいのです。

本件は、さきほど回答したとおり民事事件ですから、
警察は取り扱ってくれません。
「弁護士に相談しなさい。」と言われるはずです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問