JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。山下と申します。 中国の友人が日本ビザについて悩んでいます。 現状をお話しますのでどのようにすればよいか教えて頂けたらと思います。 ■登場人物 A

質問者の質問

お世話になります。山下と申します。

中国の友人が日本ビザについて悩んでいます。
現状をお話しますのでどのようにすればよいか教えて頂けたらと思います。

■登場人物
A = 23歳、中国人留学生(女)
B = 33歳、日本国籍を持つ中国人(女)
C = ??歳、中国人(男)日本へは就労ビザで滞在中。Bの愛人。
D = ??歳、Bの書面上の旦那。Bが日本国籍を取得するためにウソの結婚をした相手。
E = 26歳、日本人でAの恋人。

■ストーリー
Aは3年前に日本に留学し学生ビザで滞在していました。

Bは、Dにお金を払い書面上で結婚をし日本国籍を取得しました。

Cは、就労ビザで日本へ滞在中で、BとCは相愛で結婚したいがBが他の人と結婚しているのでそれができない状態にあり ます。

Bは、Dへのお金を払いたくないという理由で

Aに対してCと書面上で結婚したら学生ビザではなく家族ビザがとれてそのまま3年たてば日本国籍が取得できるとウソの話をし

月々5万円を払うように言いました。

当時Aは、Bに逆らえない状況に置かれておりその話から2012年6月、学生ビザを取りやめCと書面上結婚することになりました。

現在Aは、Bの言ったことが嘘だということが分かり家族ビザと取りやめたいし、お金も返してほしいと思っています。

そして、本当に好きなEと結婚し日本に居たいと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、ご友人様のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

そのお話の内容を、警察等を通さずに、示談で解決しようとしているのか

それとも、裁判等で、司法の判断を受けようと考えているかにもよりますが

ABCの3人の目的が、日本の不法滞在である場合は

かなり入管法の問題になると言えます。

偽装結婚そのものは、刑法犯では日本の場合ありませんが

その目的によっては詐欺罪や不法滞在の犯罪になると言うことです。

とにかく、登場人物が多く、その詳細が不明ですので、何とも言えませんが

Aの方を中心に考えるのであれば、まずは、Cの方との離婚を進めるしかありません。

多分、Bには逆らえないとなると、とりあえず、弁護士の先生に間に入ってもらい

代理交渉していくしかありません。

もめると、離婚が出来ない場合もありますので、これまで支払った金銭は

返金請求をしない方が、示談しやすいのかもしれません。

今は、弁護士の先生も入管業務をされているので

法テラスや東京弁護士会や市(区)役所の無料相談の弁護士の先生に

ご紹介いただくことです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事頂きありがとうございます。

Aが日本に滞在したままEと結婚し幸せな生活を送れるようになることが最大の目的です。

そのために司法判断なのか刑法判断なのか?

これから具体的にどのように動けばよいのか?

それを知りたいです。

supertontonさんはそこまでの回答はできないのでしょうか?

もしできない場合そこの部分が詳しい弁護士の方を紹介頂けませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

とりあえず、偽装としても結婚をしていますから

離婚に向けて動くことが大切です。

日本の場合は、協議離婚ができるのですが

相手が応じなければ、家庭裁判所の調停離婚を申し立てることになります。

調停は、費用は数千円ですし弁護士の先生にご依頼する必要もありません。

ただ、問題は、日本語が法的な用語も含めて理解できるかどうかです。

通訳などを頼む必要はあるかもしれません。

裁判離婚になるまでは、弁護士の先生にご依頼する必要はございません。

より、離婚を確実にするためには、別居実績もポイントです。

Bはお金が欲しいだけでしょうから、和解金等を支払って関係を絶つか

その部分だけ、刑法犯的なことで脅迫で刑事告訴することも可能かもしれません。

その場合は、弁護士の先生にご相談することになります。

残念ながらこのサイトでは、個別に弁護士の先生のご紹介はできませんので

法テラスか東京都の弁護士会か市役所の市民相談の弁護士の先生に

ご紹介していただいて下さい。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問