JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

お世話になります。私(次女)は親と同居する娘です。他に住む娘(長女)が親の土地権利書を手元に置き返してくれません。こ

解決済みの質問:

お世話になります。私(次女)は親と同居する娘です。他に住む娘(長女)が親の土地権利書を手元に置き返してくれません。ことによったらその権利書でお金を借りたりしているのではないかと心配です。本人はとりあえずは認知症はないですが長女は本人が何を言っても聞こうとせず権利書を担保に借金でもしているのではないか不安を感じております。どう対処したら良いのかご意見いただけますでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
土地の権利書というのは、確かにお母様が土地の所有者であることを証明する大切な書類ではあるのですが、それを持っているだけで長女が勝手に土地を処分したり、勝手に担保に入れてお金を借りたりすることは不可能ですので、ご安心ください。

土地を処分したり、担保に入れてお金を借りるには、権利書の他にお母様が契約書等にサインすることと、実印を押印して印鑑証明書を用意することが必ず必要になりますので、お母様自身がよく分からない書類には絶対にサインしないことに加えて、お母様の実印と印鑑カード(発行されていれば)をあなたかお母様がしっかり管理していれば大丈夫です。
質問者: 返答済み 4 年 前.


実印も一緒に長女の手元だそうです。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
実印も長女が持っているのですね。
実印は、新しい印鑑と保険証等の身分証明書を持ってお母様が市役所へ行けば簡単に変更できますので、早めに変更しておくと安心です。

念のため、不動産に担保が設定されていないかも確認しておきましょう。
確認するためには最寄りの法務局で登記簿謄本(登記事項証明書)という証明書をとって見てください。700円で取得できます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


実印の変更は本人が歩けず市役所へいけない場合は委任状で大丈夫でしょうか?不動産が担保に入っているかどうかは登記簿謄本を取り寄せ素人がみてもわかるものですか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
新しく登録する印鑑の他に、お母様からあなたへの委任状と、あなたの認印・身分証明書を持って行けば手続きは代理で行うことが可能です。
ただし代理人の場合は即日登録はできず、市役所からの書類が届くのをまって後日再度市役所に行く必要があります。
これらの手続きについては役所によって微妙な違いがあるため、事前に役所に電話するか直接行って必要なものの確認をとってください。

登記簿謄本は難しい内容ではないので、ご自身でも確認できるでしょう。
権利部(乙区)という部分に、「抵当権設定」などの記載がある場合は担保に取られているということです。
もし見方がわからない場合が法務局でもある程度は教えてくれますし、より詳しく説明を受けたい場合には近くの司法書士事務所に相談すれば教えてもらえます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。もう1点教えてください。もし仮に担保に入っていたりすでにお金が引き出されていたりした場合はそれに対する対処法ありますか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
仮に担保に入っていたとしても、それは長女が勝手にお母様のサインをしたなど書類等を偽造して契約したものですから無効であり、お母様が責任を負わないのが原則です。

ただし、一度登記されてしまった担保の抹消手続き等を行うには相手の協力であり、相手が協力しない場合は弁護士に依頼するなどして裁判を起こすという対応になります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

無効で原則、責任を負わないとありますが誰が責任を負うことになるのでしょうか?抹消手続き等の相手の協力の相手とは契約した相手ということですよね?そうなるとかなり厄介な展開になる可能性が高いですかね・・・?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
責任を負うのは長女であり、抹消手続き等で協力が必要になるのは担保設定した相手=お金を貸した人です。
担保の設定等されてしまっては厄介な展開になるのは間違いないですから、それを防ぐために実印の変更は年明け早々にしておいた方が良いですよ。

いずれにしても登記を確認しなければ先のことを考えることはできませんから、今からあまり心配し過ぎないようにしましょう。
書類の偽造やそれを使用してお金を借りたり、担保設定することは犯罪ですし、お金を貸す相手が正規の事業者であればお母様の本人確認をせずに担保の設定などすることはありませんから、可能性は非常に低いです。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問