JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

結婚5年の女性です。 結婚数ヵ月で喧嘩の際、最初の暴力がありました。 その時から、『おまえが追い詰めたから殴った』と言っていました。 私の両親の前で『二度と暴力は振るわない』

解決済みの質問:

結婚5年の女性です。
結婚数ヵ月で喧嘩の際、最初の暴力がありました。
そ の時から、『おまえが追い詰めたから殴った』と言っていました。
私の両親の前で『二度と暴力は振るわない』と約束しました。

ですか、それから数回喧嘩の先に暴力がありました。
何度か実家に帰りましたが、私の気持ちが揺れてしまい離婚までいきませんでした。

数日前にも、些細なことから喧嘩になり、結局なんの躊躇もなく殴る顔を爪で引っ掻く、抵抗して私の爪が指先から折れ血が止まらなくなりました。

翌日病院へ行き、しばらく通うことになりました。

人間変わることは出来ないと理解し、離婚を 進めたいと思います。
ただ、暴力と精神的苦痛を味わいこのまま離婚届を出すのは納得がいきません。

こちらに、有利(慰謝料など)にことをすすめる手だてを教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

暴力を振るわれたのにもかかわらず、ただ離婚するのは納得がいかないでしょう。慰謝料を請求していきましょう。

病院に行き、診断書をもらうことは有利な証拠となりますので 実行してください。

また、仮に今度暴力を振るわれたら警察に通報してください。それは記録に残りますので有利な証拠となります。

慰謝料請求ですが、相手の収入や結婚期間にもよりますが、150万円から200万円ほどは請求できるでしょう。
ただ、最初は300万円ほど請求して相手を驚かすことも有効な手段かと思います。

慰謝料を請求しても素直に支払ってくれないのであれば、家庭裁判所での調停や裁判になります。ただ、質問者様は暴力を受けた証拠を持っていますので有利に進めることができるでしょう。

調停であれば弁護士などの専門家に依頼しなくてもご自分で手続きはできるかと思いますが、裁判となると弁護士に依頼したほうがスムーズに進みます。費用は依頼する弁護士にもより異なりますが、着手金20万円くらいと成功報酬が得られた慰謝料の10パーセントくらいが相場となっているようです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
離婚時に相手へ慰謝料を請求するのは、まずは、私から離婚届を書く際に口頭で伝える。相手が素直に支払ってくれない場合は、調停や裁判のをするという手順ということですか?

相手に喧嘩した際におくったメールがあります。
かなり酷く相手を罵ったりしていますが、もし調停や裁判になったらそれが今度は相手からの精神的苦痛を与えられたという証拠にならうるくとはありますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
相手を酷く罵ったメールがあったとしても、質問者様は実際に暴力を振るわれているので相手が受けたかもしれない苦痛とは比べようもありません。
たとえそれが精神的苦痛と認められたとしても、慰謝料をとれなくなるということにはなり ません。減額されるとしてもほんのわずかです。減額の対象ににもならないかもしれません。

慰謝料を請求する手順としては、離婚届を書く際に口頭で伝えてもいいですが、最初から相手が素直に支払ってくれそうもない場合は、いきなり調停を申し立ててもいいでしょう。
とりあえずは、「離婚する。慰謝料も請求するからそのつもりで。」というふうに相手を牽制しておいてから、支払う意思があるかどうかを探ってみてもいいのではないかと思います。相手が支払うつもりはないと分かったら、調停を申し立てていきましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
調停に申し立てるには、どこへどのようにすればいいのですか?
全く知識がなく教えてください。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
調停は相手方(夫)の住所を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

調停の申し立て方は裁判所のホームページを見ていただいたほうが分かりやすいかと思います。

調停の申し立て方:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

ご覧いただければ分かりますが、調停はご自分でも簡単に申し立てられます。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問