JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

とあるプロダクションの中途解約を希望しています。最初の話では2年の契約で、手数料等で最初65000かかり、更新の2年

解決済みの質問:

とあるプロダクションの中途解約を希望しています。最初の話では2年の契約で、手数料等で最初65000かかり、更新の2年目で更に65000かかるが、もしやめたくなったら契約日の90日前に申し出ればそのまま解約できるという話でした。しかし、プロダクションに中途解約したいことを告げるとまだ契約期間なのでどうし ても解約したいなら2年目の更新費用が今すぐ必要になるとのことでした。話が違います。契約書には、乙は甲に対し契約の解除を希望する際は各担当者または総合窓口へ連絡、相談の上、解除理由に相当すると判断された場合に限り、本契約を解除できるものとする。この際契約解除を申し出た日付が契約期間満了日より逆算して合計90日に満たない場合、一年分の更新予定65000の違約金を請求するものとする。合計90日以上の猶予がある際は、連絡後に本契約書、本人性確認書類一点、契約解除を希望する由を明記した直筆の書面を同封の上、郵送にて本社まで送付し、甲が着荷を確認した時点で本契約を解除する。とあります。私はまだ90日以上猶予があります。この状況で解約金なしの解除は可能ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 契約条項をたてに支払いを拒否してください。

 

 >契約解除を申し出た日付が契約期間満了日より逆算して合計90日に満たない場合、一年分の更新予定65000の違約金を請求するものとする

 

 >まだ契約期間なのでどうし ても解約したいなら2年目の更新費用が今すぐ必要になるとのことでした

 

 →解除申し出日から満了日まで90日以上ある場合は、違約金条項の適用はないと解するのが相当です。

 

 消費者と事業者の間の契約と認定される場合は、この契約じたい消費者契約法第9条第1号により一部無効となります。

 

 「次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。

 

 一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、または違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の理由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの  当該超える部分」

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問