JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。 先日、複数の出版社に 「私の書いた原稿を見ていただけないでしょうか」 というメ

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。

先日、複数の出版社に
「私の書いた原稿を見ていただけないでしょうか」
というメールをいたしました。

メールの宛先は出版社ホームページにある「お問い合わせ」窓口です。

その後、ひとつの出 版社から、
私の原稿を見ていただける旨の返事をいただき、
見てもらおうかと思っているのですが、
このとき、私が行った最初の問い合わせ、
「私の原稿を見ていただけないでしょうか」というメールは
民法上の「契約の申込み」にあたるのでしょうか? 

少しだけ法律を勉強したことがあるのですが、
期間の定めのない申込みの場合、
一定期間が経過しないと撤回することができないような気がしたのですが、
私が、返事をいただいていない出版社に対して
「この前の問い合わせを撤回させてください」というメールを送信することは、
申込みの撤回として、適当なのでしょうか? 

ぶしつけな質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

相手方の承諾があれば直ちに確定的に契約を成立させる意図でなされた意思表示を申込といい、相手方選択や交渉の余地のある場合には、相手方に申込を求める「申込の誘引」であるとされます。(訪問販売法2条2項参照)。

出版社から返事がきたら、ハイ契約成立!とはならないでしょう。

具体的な条件がなんら提示されていないからです。

本件は、誘因にすぎないと思われます。

>期間の定めのない申込みの場合、
一定期間が経過しないと撤回することができないような気がしたのですが、

民法524条は、「承諾の通知を受けるのに相当な期間を経過するまでは、撤回することができない」とします。

他の出版社がら承諾(ともいえる)のメールが来た以上、

相当期間は経過したともいえるでしょうから、

撤回のメールは可能と思われます。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問