JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

こんにちは。お世話になっております。 主人が義母の生前に義母の意思により、美母の預金名義を主人に変更し、その約三ヶ

解決済みの質問:

こんにちは。お世話になっております。
主人が義母の生前に義母の意思により、美母の預金名義を主人に変更し、その約三ヶ月後になくなりました。
その後、最近になって、義姉、義妹が銀行に行き、詳細を説明求めて、説明がありました。
銀行から、こういった場合みなし預金ということで、お金を一切動かせないと言われたそうです。
みなし預金とはどういうことなのでしょうか?
また、今後も動かないのかお聞きしたいとのことです。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

お義母様からご主人名義に変更された預金が、形式的に名義が変えられただけであり実質的にはお義母様の預金であると義姉、義妹から主張されているということでしょう。
銀行としては、ご主人と姉妹二人のどちらの主張が正しいか判断がつかないため、ひとまず義母の遺産とみなすということです。
義母の遺産とみなされると、その預金の払戻をする権利は相続人3人全員にありますので、あなたのご主人の意思だけで動かすことはできないことになります。
今後は姉妹お二人と話し合ってあなたのご主人に生前贈与されたものだと認めさせるか、あるいは義母の遺産だということにして遺産分割協議により取得する者を決めて相続手続きをすることで、再びお金が動かせるようになります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問