JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

隣との共有のブロック塀を自分側だけ塗装したいのですが隣は共有のものは手を付けるなと許可してくれません。自分側でも強行

解決済みの質問:

隣との共有のブロック塀を自分側だけ塗装したいのですが隣は共有のものは手を付けるなと許可してくれません。自分側でも強行して塗装すれば罪になるのでしょうか?
色々調べても許可を得るようにとありますが許可がない時のことはわかりません。
隣とは付き合いがありませんし今後も付き合いはしないと思います。どうぞよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

ご存知かと思いますが、ブロック塀が共有であれば、ブロック塀の塗装は共有物の変更に当たるのか、保存行為にあたるのかということが重要な問題です。

民法第251条(共有物の変更)
各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。


民法 第252条(共有物の管理)
共有物の管理に関する事項は、前条の場合を 除き、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決する。ただし、保存行為は、各共有者がすることができる。

共有物の変更とは、ブロック塀を取り壊して新しくしたりするような「物理的な変更を加える行為」です。
また、共有物の保存行為とは、「共有物の現状維持」をなす行為であり、ブロック塀の修繕、塗装はこの保存行為にあたると考えられます。したがって、これらの行為をするのに隣接地所有者の承諾は必要ありません。質問者様が単独で行うことのできる行為です。許可がなければ修繕や塗装ができないのであれば、財産権の侵害にあたるからです。

隣の人には、上記の法律を示して「ブロック塀の保存行為だから許可は必要ない、とりあえず声をかけただけ」と言えば済むことです。ただし、言い方にも注意が必要かと思います。感情的にならないように説得してみてください。
勝手に保存行為をしても罪になることはありません。ご安心ください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問