JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

49才女性です。11月下旬に難病の橋本病と医者に宣告されました。原因はストレスだそうです。結婚22年で姑にず

解決済みの質問:

49才女性です。11月下旬に難病の橋本病(完治はしない。一生薬を飲んでいかなければならない。身体の老化を食い止めていくだけ。それでも内臓や血管の老化は少しずつ進行。最終的には身体の行動が難しくなり死亡。)と医者に宣告されました。


原因はストレスだそうです。 結婚22年で姑にずっと嫌がらせをうけてきました。


結婚2年半のときに姑が原因で夫との仲がうまく行かなくなり別居して調停まで発展しました。 夫がやり直したい姑を自宅へこさせないと弁護士を入れて誓約書を作成しましたが、姑の嫌がらせはつずきました。 当時の弁護士さんには当時記録をつけていたものを見てもらいました。別居から18年 姑と別居しているため夫に不安や不満を言い夫もイライラして良く夫婦喧嘩に発展してきました。


先日宣告を受けた内科から心療内科を薦められ受診しました。 ストレスの原因は姑が多くを占めている。しかし因果関係の立証となると結婚生活の22年間を消去法で一つ一つ調べていかなくてはならなくて、不可能といわれました。 夫と別居を解消してから記録はつけてません。 病気の因果関係も立証できず生活の記録(日記など)もなくても姑に慰謝料と損害賠償請求ができますか?


夫が先日姑を訪ね私が橋本病であること。


ストレスが原因であること。


姑がストレスの原因であること。


私がショックを受けて提訴をすると騒いでいるということ。


などを伝えました。


姑は提訴でもなんでもやれるものならやればよいと言ってます。


治療費が足りないなら出してやろうかと上から目線の言い方をしてます。


姑は私がショックを受けてただ提訴だ弁護士に頼むだと騒いでいるだけだと思ってます。


夫も困ってしまっている様子で提訴になたらどちらにもつかないといってます。


子供達(20才と16さい)はおばあちゃんのせいだ。


20年以上ストレスを続けていれば具合が悪くなって当然と言ってます。


子供達は夫に対してこのようになったことに対して怒ってます。


このような場合できれば話し合いで調停や裁判にはしたくはないですけど、慰謝料・損害賠償はいくらとれますか?


夫にも姑や夫の姉妹と付き合いを完全にやめて欲しいです。


(夫は53才です。姑は79才です。姑が死ぬ前にしっかりと慰謝料・損害賠償をもらっておきたいです。ウヤムヤにされて姑が死んだ後兄妹3人で法定相続をされてはたまらないです。)


 


 

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

姑様が79歳と言うことで、現在の余命から考えると、後、20年近くは生きる可能性は

あります。

橋下病と言うのが難病と言うことで、ご相談者様も大変お辛いと思いますが

今後の治療費などを考えると、やはりご主人様も関係しますから

争わないで和解していければ良いと思います。

お話から姑様は、資産家のようにもお見受けしますから

相続にしても、ご相談者様を養子縁組してもらい、法定相続が受けられるように

されても良いかもしれません。

確かに上から目線かもしれませんが、申し訳ない気持ちが少しはあるから

治療費位は支払うと言うのでしょう。

上から目線の態度は、今更ながら一生変わらないでしょう。

ここまで至って、関係を悪化することは、ご相談者様にも精神衛生上良くないかもしれません。

弁護士の先生を入れるのであれば、調停や訴訟では無く、示談の代理交渉をしていただき

今後の治療費の支払いや相続に関する合意書を公正証書で作成していただくことです。

それにしても、ご主人様のお辛い立場も分かりますが

嫁と姑の対立となるから中立の立場にもなりますが

これが和解に向けてと言うことであれば、ご主人様も動きやすいでしょう。

姑様を許すとか認めるとかではなく、単に契約上の和解をする努力を家族で

されるべきかもしれません。

今後も対立軸が続けば、ご相談者様のご病気にも悪い影響が出る可能性が高いでしょう。

こういう時だからこそ、和解の方向性もあるのではないでしょうか。

一般的に相手のいじめなどによってストレスがたまり精神疾患等になれば

刑法犯としての傷害罪も成り立ちます。

そこまでしたことを、罪を問わないとすれば相手も譲歩せざるを得ないでしょう。

難しいかもしれませんが頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問