JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 950
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

はじめまして。 市原と申します。 宜しくお願いいたします。 主人と別居して4年になります。 離婚の話は問題な

質問者の質問

はじめまして。
市原と申します。
宜しくお願いいたします。
主人と別居して4年になります。
離婚の話は問題なくあと籍を抜くだけなのですが、
1つだけ、前に建てた家の住宅ローンに
私の名義(共同名義)があり、
それを抜いて欲しいとお願いして
来ましたが、主人の年収などの問題で
いまだに借換が出来ず、籍がぬけていません。
(自営業です。)

現在も税理士さんとともに
銀行に相談ををしていますが
まだ、時間がかかってしまっております。

主人の 親が土地を持っているので
売れたら現金で返済をすると言っていますが
なかなか土地も売れません。

私にローンの返済が行くことはしないと
言っていますが、所詮、口約束になります。

引き続き、銀行との交渉は続けてもらいますが
何かあっても私にローンの負担がないようにしたいにですが
銀行の借換以外の何か方法はありますでしょうか?
お願いした場合、いくらくらい費用はかかるものでしょうか?


お忙しい中、おそれいりますが
相談にのって頂けると幸いです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
離婚が前提で、ご質問者様が持分を放棄されるということであれば、
借り換えでなくとも、連帯債務者から外れさせてくれという交渉は
よく行われています。
しかし、銀行側から見れば、万一の際に請求できる先が減少する
事になるわけですから、ここで審査が入ることになります。
借り換えの審査が通らないということですから、こちらも厳しいことが
推察されます。

であれば、あとは他に収入合算できる連帯保証人を探すか、担保を
追加することなどが考えられるでしょう。

もし、相手の方にご兄弟がいたり、再婚予定者がいるのであれば、
その方にお願いをしたりすることが考えられるほか、実家の不動産を
売却しようとしているということであれば、その土地を担保に追加したり、
又はその土地+住宅を担保に、借り換え先を探される手もあるかと
思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速のお返事ありがとうございます。


現時点で、連帯保証人は無理みたいで、また担保追加も


土地の面積は1000坪くらいあるらしいのですが


親の名義であり、またその土地が市街化調整区域の農地なので


なかなか銀行も納得をしてくれません。


 


もうこれ以上、伸びるのが嫌なのですが


このまま離婚してしまって何か不利なことが


あっても困ります。


 


どうしたらいいのでしょうか?


悩んでおります。


宜しくお願い致します。


 


 

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
市街化調整区域の土地ということですと、売却するにも担保にするにも難しいですね。
ご実家自体を担保というのも難しいのでしょうか?

一度、連帯債務者・連帯保証人になってしまっている以上、離婚という(銀行から見て)
自己都合で一方的に責任を逃れることはできません。従って、代わりの保証人や担保
となるものが準備できないのであれば、これは法的には致し方ありません。

であれば、銀行との関係は当面残ってしまうことを前提に、リスクを減らす方法を考えて
みるのが良いのではないでしょうか。

例えば、ご実家や農地を、ご質問者様自身が担保にとるという方法です。
担保価値は不十分かもしれませんが、それでも万一の場合に全く回収できない
ということを防ぐことができますし、またそれらの担保があることによって、
ご主人さまやご両親も、銀行と真剣に交渉を継続してくれる可能性が高くなる
でしょう。
(現在の収入では難しくても、3年後であれば大丈夫かもしれません)

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。


主人と話してみます。


担保にとる手続きは弁護士さんにお願いすればいいのでしょうか?


その場合、どのくらい費用はかかるものでしょうか?


もしお教え頂けると幸いです。


 


お忙しい中ありがとうございました。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
担保に取ることに関する交渉自体を依頼したいのであれば弁護士に、
交渉は自分でやるので、手続きだけ頼みたいのであれば司法書士に
ご相談されるといいでしょう。

抵当権設定の法定費用は、その設定金額の0.4%です。
弁護士や司法書士などの費用は、事務所により異なりますので、
個別にご相談頂けますでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


何度も申し訳ございません。


もう1点お聞きしたいのですが


実家の土地は担保にしてもいいとのことだったのですが


違う土地は売れるときにすぐに売りたいから担保にできないと言われました。


ただ、それでは担保には少ないと思うのです。


 


生命保険の受取がまだ私になっているのですが、


そのままにしといて貰う等、少しは違いますか?


他にも方法はあるのでしょうか?


 


宜しくお願い致します。


 


 

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
すぐに売る、といっても買い手が見つかったので明日契約、なんてことは
不動産取引ではありませんし、担保の解除と売買の手続きは同時に
行うことが可能ですので、特段問題は生じません。

この点は、ご質問者様から説明をしても説得力が薄いかもしれませんから、
売却を依頼されている不動産屋さんにたずねてもらうようにすれば
よいでしょう。

法律 についての関連する質問