JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2238
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

一年前に彼と離婚しましたが、私は、3年前に購入した一戸建ての連帯保証人になっています 彼自身は自分が住み続けるから

質問者の質問

一年前に彼と離婚しましたが、私は、3年前に購入した一戸建ての連帯保証人になっています
彼自身は自分が住み続けるから、出て行ったら私に何の請求もしないと言っています
このまま放っておいてぞれぞれの道を進んでいいものでしょうか
彼は法律上の手続き等は嫌がり暴力的に話をしてきそうです
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

離婚した後に住宅ローンの連帯保証人を外さない人がおられますが、お勧めしません。
いち早く連帯保証人を外すことが必要です。しかし、とても難しいことであることをご理解ください。

連帯保証人は、離婚したからといってその責任がなくなるわけではありません。

なぜなら質問者様の連帯保証は元夫との契約ではなく、あくまで「質問者様と銀行」との間の契約だからです。

ですので、銀行の同意がなければ、質問者様は連帯保証を抜けることは出来ません。たとえ離 婚しても、連帯保証人はなんら対抗できないのです。

ですが、どうしても住宅ローンの連帯保証から抜けたい場合、質問者様自身に代わる連帯保証人を用意できれば、銀行との交渉の上で連帯保証を抜けられる場合があります。

具体的には元夫の両親・兄弟・親族などで、一定の収入・資産を持っている人が、質問者様に代わって連帯保証人になってくれるということであれば、質問者様は連帯保証を抜けられる可能性があります。

このまま連帯保証人となっていれば、質問者様に返済の請求がくることもあります。
そのときは、返済を拒否すれば元夫の家を売って、そのお金で返済することになると思いますが、それでもローンの債務が残った場合は、その残額も連帯保証人である質問者様に請求がくることも十分にあり得ます。

したがって、できるなら銀行と相談して連帯保証人から抜けるようにすることをお勧めします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
まったく 連帯保証人になれそうな親族はいません 父親は自営業で借金と隣合わせの生活…母親はこちらがめんどうみてる
他の近い親族は…なってくれない人達だと予測できます 元旦那自身が親族にそのような恥をさらす事を嫌がるプライドもった人です
他の方法はないですか?
最悪は返済義務が生じると覚悟しておいた方がいいんですよね
慰謝料の請求の仕方はどうやりますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
残念ながら、銀行の承諾なしには連帯保証人からは抜け出せません。
あくまでも、銀行と質問者様の間の契約になりますので、銀行の承諾は絶対に必要です。

あとは、慰謝料を請求しない代わりに、元夫に代わりの保証人を立ててもらうという駆け引きができるかと思われます。

元夫の不貞行為で離婚したということなので、慰謝料を請求できますが、これには期間が定められています。
質問者様が相手の不貞行為を知ってから3年以内に請求しないと、時効により消滅してしまいます。
また、不貞行為の証拠がないと難しいです。
相手が慰謝料の請求にすんなり応じてくれれ ば、慰謝料を受け取ってそれで終わりですが、相手が支払いを拒否したり、不貞行為自体を否定した場合には裁判をしなければなりません。裁判になれば、相手の不貞行為の証拠がなければ判決はもらえません。
一般的にすんなり支払う相手はいませんので、やはり不貞行為の証拠は必要でしょう。

不貞行為の証拠があれば、それを示して文書で慰謝料を請求すればいいです。証拠があれば大抵の人は裁判せずに慰謝料の支払いに応じます。

不貞行為の証拠としては、相手の不貞行為の自白を録音した物、不貞行為があったことを文書に書かせること、興信所に依頼してホテルの出入りした写真やビデオに撮影したもの、メールのやり取りを撮影したもの等が挙げられます。
これらの証拠がなければ、慰謝料の請求は難しいことをご理解ください。あとは相手が素直に支払うことを願うことになります。

上記の点も含めて考えますと、慰謝料と連帯保証の件を駆け引きにして、連帯保証を抜いてもらうように話し合いをしたほうがいいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
まったく親しい親族はいませんので変わりの保証人がほんとに難しいと…

何か念書みたいなものを書いてもらう事はできますか?例えば支払い能力がなくなったら 家から出て家を売却する事を約束します というような内容
実際に会いにきたので不倫相手と話をしてるんです
彼は知りません
本当に嘘だらけだったのでお互いに捨ててやろうと
私には10年間いっさいありませんでしたが その人には暴力もふるってるみたいですあざの写真も見せてもらいました
その人自身も請求できますよね?

籍入れていた時の私がしていた貯金が500万くらいあるのですが財産分与は請求されたら半分ですか?籍抜いてから同居していた時期のはふくまれますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
念書を書いてもらわなくても、元夫が支払いをしないで、質問者様も支払いをしなければ、家は強制的に売られます。担保に取っている銀行が不動産を差し押さえて、競売にかけて、売却金から精算します。

売却金から全てのローンを支払えれば、質問者様も連帯保証人から解放されますが、
そのお金で支払いが残った場合に、連帯保証人である質問者様にも支払いの責任がくることになります。

したがって、上記のような念書はあまり意味はないかと 思います。

不倫相手に協力してもらえるなら、不倫相手に証言してもらえれば強力とは言えませんが、証拠にはなります。

不倫相手の方も暴力を受けているということなので、病院の診察を受けて診断書をもらっておいた方がいいですね。写真も取っておいたほうがいいでしょう。もし慰謝料を請求したいのであれば証拠として必要です。


婚姻している時期の質問者様の貯金は夫婦の共有財産となります。財産分与の請求を受ければ半分は渡す必要があるでしょう。離婚してからの時期からは質問者様の貯金は質問者様の個人財産となりますので、財産分与の対象にはなりません。同居していても同じです。

法律 についての関連する質問