JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日、妻に別居を言い渡され、喧嘩の後、家を出て行きました。家を出てまだ半月程ですが、男性が妻の借りたアパートで頻繁に

質問者の質問

先日、妻に別居を言い渡され、喧嘩の後、家を出て行きました。家を出てまだ半月程ですが、男性が妻の借りたアパートで頻繁に会っていた事実が今日わかりました。別居以前3週間程は、家庭内別居状態でした。
我が家は、3ヶ月前に新築したばかりで色々とお金が掛かります。離婚するのに、相手と妻に慰謝料を請求したいのですが、可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

質問者様の妻と男性との間に不貞行 為があることを証明できるなら、慰謝料の請求は可能です。
また、相手の男性には妻が既婚者であることを知っていなければなりません。

婚姻関係が既に破綻していた場合には、不貞行為による慰謝料は請求できないことになっていますが、
別居して半月くらいでは婚姻関係が破綻したとは言えません。
裁判例では、婚姻関係の破綻は別居の場合、5年ほどの期間が必要となります。

したがって、妻と相手の男性に対して慰謝料の請求をすることができます。
慰謝料の相場としては、妻に対して200万円前後、相手の男性に対しては150万円前後くらいでしょう。

不明な点があれば補足しますので、返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

証拠はありません。妻は相手の男性を庇い、私が妻の携帯のメールを読んだ後すべて削除されてしまいました。しかし男性は、妻のアパートの鍵、妻の車の鍵を所持しており関係は確実にあったと思います。メールにもそのような記載がありました。男性は妻を既婚者と知っています。最初のきっかけは、私との不仲の相談だったようです。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
なるほど、よくある話ですね。

不貞行為の証拠は裁判になった場合に必要になってきます。

メールの内容を写真に撮っておいたり、ホテルに出入りするところを写真に撮るなどして証拠を確保するのですが、一番の証拠は相手に自白させて、それを録音することです。

証拠がなければ、関係を否定されてしまうことがあるので、証拠を集めてから慰謝料を請求したほうがいいでしょう。
一度三人で話し合いの場を設けてもらうなどして、そこで自白させるようにしていけたらいいですね。

不明な点があれば補足しますので、返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

自白は困難と思います。メールも削除されてしまった以上難しいです。


そうすると慰謝料の請求は難しいということですよね?なんとか慰謝料の請求をしたいのですが

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
慰謝料の請求自体は証拠がなくても、することはできます。

ただ、相手に不貞行為を否定されたり裁判になると、裁判官は質問者様に証拠を提出するように求めてきます。

証拠がなければ、相手が慰謝料の支払い を拒否したり、不貞行為自体を否定した場合に強制的に支払わせることができなくなります。そういう意味では証拠をあらかじめ集めておくことが定石となっています。

証拠がなければ、あとは駆け引きになりますが、質問者様の妻は相手の男性と結婚したいと考えているなら、離婚する代わりに慰謝料を支払わせるというように交渉できるでしょう。
妻は離婚しなければ、男性と結婚できないので、離婚することを交渉の材料にするのです。
妻の意思だけでは離婚できず、質問者様の協力がなければ離婚できないので、一般的にこのような駆け引きで慰謝料の支払いに応じる人は多くいます。

参考にしていただければと思います。

不明な点があれば補足しますので、返信してください。
回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

相手も妻帯者なので、相手がどの程度妻の事を思っているのかわからないのですが、決定的な証拠と言うと難しそうです。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そうなると、非常に難しいですね。

あとは、男性の奥さんが不貞行為の証拠を掴んでいれば、同時に質問者様の妻の不貞行為も証明できるのですが、その方面から証拠を集めるか、これから妻の行動を監視して(興信所などを利用して)証拠を集めていくしかないでしょう。

妻や男性がすんなり不貞行為を認めず慰謝料を払ってくれないのであれば、この方法しか残されていません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


妻が相手に送ったメールは入手出来ました。しかし直接的に肉体関係を示すような文句はありません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そのような内容のメールだけでは裁判での証明としては弱いです。
やはり、上記に述べたような証拠が必要でしょう。


ただし、そのメールを妻に見せて、不貞行為があったことを自白させて、それを録音する、というように使ってみることもできるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


妻の相手と直接会って話をする事になりました。こちらとしては、決定的な証拠は無いのですが、慰謝料を請求する意思がある事を伝えようと思っています。しかし、どちらかというと妻の方が相手に夢中のようで、その事を相手に言われたらどうしようか?と考えてしまいます。どう話をしたら良いか考えてしまいます。アドバイスお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問者様の妻のほうが相手に夢中であろうと、相手の男性もアパートの鍵や車の鍵を所持しているのであり、特別な関係にあることを推認することができます。その点を突いてどういう関係か、ということを問い詰めていくしかないですね。
また、慰謝料を請求されるとパニックになり、関係を認めることもあるかもしれませんので、その点も伝えるといいかもしれません。
できれば、会話を録音しておくことをお勧めします。

法律 についての関連する質問