JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

恋愛関係にあった彼女に50万円貸しました、私の経営している飲食店でバイトして返せばいいからと言い毎週、金、土と働く約

解決済みの質問:

恋愛関係にあった彼女に50万円貸しました、私の経営している飲食店でバイトして返せばいいからと言い毎週、金、土と働く約束をしました、そして翌日お金を取りにきたので受領書を書いてもらいましたがその後病気になっ たから引越しの準備をするとか会社を辞めるとかメールが来たのでこのまま逃げられても困るので本当に会社に来ていないのか駐車場を見に行って車があったのでその旨をメールで伝えたところ付きまといで警察に訴えるとメールが来ました、その後警察に呼ばれ事情を説明しましたが過去に恋愛関係にあるから付きまといになると言われ上申書を書かされました、そして内容証明等も第三者を通じて送るように言われたのでそのように内容証明を送りましたが無視されたようで局より返済されてきましたが、このような民事の事でも第三者を通さなければ駄目でしょうか?第三者の方は内容証明をコピーして普通郵便で送るように言いますが、このまま小額訴訟又は支払督促をした方がいいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。
お力になれましたら幸いです。

確認させてください。

現時点で彼女はまだ引っ越しをしていない状態であり住所はわかっていますか?

「受領書を書いてもらいました」とのことですが借用書を書いてもらったということでよろしいでしょうか?

第三者とは共通の知人ですか?それとも専門家でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

住所は判っています、実家の住所も判ります


確認はしておりませんが会社を辞めるとか病気とか実家に引っ越すは嘘だと思います、催促に来られると困るからでしょう、


借用書とは書いてありません受領書と書いて金額をかいた用紙に住所氏名を書いてもらいました。


第三者は行政書士さんです。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「このような民事の事でも第三者を通さなければ駄目でしょうか?第三者の方は内容証明をコピーして普通郵便で送るように言いますが、このまま小額訴訟又は支払督促をした 方がいいのでしょうか?」のご質問について回答させていただきます。

結論から申し上げると、今すぐにでも裁判手続きを行った方がいい事案と言えます。
「会社を辞めるとか病気とか実家に引っ越す」とかで、連絡が取りにくくする言い訳をする方は、たいてい借金返済から逃げようとしている方がほとんどです。
私も実務で何度のなくこのようなケースで逃げられてしまった方を見てきました。
このまま放っておくと、うやむやにされ、連絡もつかなくなってしまう可能性があり、しまいには借りてないなど言いだすこともあります。
「つきまといで警察に訴えるとメールが来ました」とのことですので、もはや相手はあなたからどうやって借金を踏み倒すかしか考えていません。
自分の借金の事は棚に上げて、あなたを警察に突き出すという論外なことまでされているのですから、躊躇などせず、いつでも強制執行ができるよう、また、証拠が散逸しない間に裁判をされた方がいいです。
また、第三者を入れなければいけないという決まりはありませんが、本件ではどうしても付きまといだなんだと言われかねませんので、そういった無用なトラブルを避けたいのであれば、第三者(特に専門家)を入れたほうが、相手に本気何だということも併せて伝わりますのでよろしいかと存じます。
訴えてしまえば、正当な権利行使ですから、裁判外で連絡したのであればともかく裁判所の期日で返せと主張分には一向に構いませんので、第三者は特に不要です。

ちなみに本件の場合は少額訴訟ではなく通常の訴訟がいいと思います。
というのも、少額訴訟の場合、1回で済むと言うメリットはありますが、相手方が異議を出せば通常の訴訟にすることができますので、そうなったら期日が一回無駄になってしまいます。
こういう方はたいてい時間稼ぎをしますので、そのようなおそれもあることから通常の訴訟を提起したほうが結果的に早く判決が取れると思います。
また少額訴訟と比べて訴え方も費用もたいして変わりませんので。

もし、自分では仕事で裁判にいけないとか、訴状作成に不安があるのであれば、お近くの司法書士に頼まれるといいです。弁護士さんと比べて費用は安いですので、費用をかけても取り返したいのであればお勧めです。
お知り合い司法書士がいないのであれば、今依頼している行政書士さんから紹介を受けるといいですよ。

もちろん自分で訴状を作成して、裁判に望まれてもいいです。
訴状のひな形は裁判所に行けばもらえますし、今は「貸金請求 訴状」で検索して頂ければ、詳しく解説しているホームページがたくさんございます。

裁判所のHPにもひな型がでおりますので、こちらを埋めて提出頂いても構いません。
【貸金請求-訴状】
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_01/index.html

住所がわかっているうちに、また付きまといだなんだ言われないようお早めに手続きをされることをお勧めいたします。

わからない点がございましたら、返信機能を使ってご返信いただければと思います。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
回答をご覧いただけたようですが、わからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。

ご質問された内容について、当職からの回答にご納得頂けましたら"評価"を頂けますと幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

法律 についての関連する質問